広島県産を山本圭壱にPRさせると売れるか?

極楽とんぼ・山本圭壱が、にわかに芸能界からお呼びがかかっている。「ダウンタウン」の松本人志は「ワイドナショー」で山本圭壱を擁護していた。批判も多いのだが、思うに、広島県が今年、PRすべき人物は、山本圭壱だろう。「ひろしま」のPR戦略といえば、「おしい広島」や「泣ける広島」、湯崎知事の「イクメン」や「イクボス」など、B級自虐ネタ街道まっしぐらで好評だ。

山本圭壱は、先日ライブを行って集客できたくらいだから、テレビに出演できなくても、どこかのライブハウスで漫才をやれば、物珍しさで人は集まるものだ。そして協力してくれる仲間もいる。

山本圭壱にとっては今が旬だということも考えると、東京・銀座にある広島県のアンテナショップ「TAU」でB級漫才ディナーショーでもやれば、野次馬や報道陣も来るから、入場料が1人3万円でも即完売だろう。かつて「B&B」の島田洋氏七が漫才のネタで「もみじ饅頭」を披露していたが、同じように山本圭壱にネタがないなら、広島県産のものをネタに扱ったらいいだろう。この効果は回り回って地方創生にも寄与することができる。但し、うまくやらないと客が引いてしまい、売れなくなってしまうから要注意だ。ネタが尽きて漫才が出来なくなるようだったら、広島県と組んでPR戦略がうってつけだ。

広島県はどう考えるだろうか。確かに被爆立地というナイーブなカテゴリーを持つ行政の立場からすると難しいが、今の湯崎知事なら出来るかもしれない。過去の淫行事件については、わいせつと犯罪都市に寛容な広島県民性が「もうせやーないで」と後押ししてくれるだろう。店で売れなくてくすぶっている広島県産の商品がバカ売れ間違いなしだ。

山本圭壱 おしい

山本圭壱が下北沢劇場にて復活ライブでコント披露

2006年7月に淫行騒動で所属事務所を解雇されて以来、事実上芸能界引退状態となっていた極楽とんぼ・山本圭壱が1月19日、東京の「下北沢駅前劇場」で約8年半ぶりとなるお笑いライブを行い、本格復帰を果たしたという。終演後、鑑賞した女性ファンによると、山本が登場した際に待ちわびたファンから「おかえり!」の大声援。しばらく山本はその声を噛み締めていたという。

内容については劇場で鑑賞したファンによると「ショートコントで色々なキャラを代わる代わるやってました。5、6本くらいですね」。芸風も「前と変わらなく、くだらない感じでした」と健在で、8年半のブランクも「感じなかった」という。終始大盛り上がりで、「これからの活躍が楽しみ」(同ファン)と期待の声が上がっていたという。

相方・加藤浩次の名前は挙げなかったものの、コントを披露した後に「一人だとこんなもんです」と自虐を交え、「今度は二人かも…」とコンビ復活について含みのあるコメントもこぼしたという。

加藤は5日、情報番組「スッキリ!!」で、独力でライブに向けて動く相方にエールを送り、「この延長線上に、もう一回、極楽とんぼとしてライブをやったり、2人で活動したりができるようにと、心から思っている」と言った。

約1時間15分のライブを終え、山本が劇場前に姿を見せると、大勢の報道陣、ファンが詰め寄り、付近は大混乱。「復帰おめでとうございます」「久しぶりで感覚はどうでしたか?」など矢継ぎ早に声を受け「ありがとうございます」と笑顔を見せた。足早に下北沢駅のホームに入り、電車で帰宅した。(オリコン)

山本圭壱1

山本圭一ええのう、広島から連れてきた彼女と高級マンションにベンツ

週刊紙FLASHによると、元極楽とんぼ・山本圭一(山本圭壱に改名した=46)による東京・下北沢でのライブ開催を提案したのは、相方の加藤浩次(45)だという。自分も飛び入りでライブに参加し、極楽とんぼを復活させたいと考えているという。

昨年秋まで高野山の寺で、「修行」生活を送っていたという山本氏は、現在無職。だが、彼には東京都内で宝石商を営むタニマチが付いているという。この人物が、山本氏に東京でゴージャスな生活を用意している。

現在、山本氏が住んでいるマンションは、東京・港区にある超高級マンションで、志村けんも以前住んでいた。家賃は月40万円から50万円だという。しかもベンツの四輪駆動車もあてがわれていたという。

ある音楽関係者によると「久々の東京生活を満喫しているようです。広島から連れてきて同居している彼女と2人で銀座をブラブラしたり、芸人仲間ともよく会っている。野々村真とゴルフに行ったり、ペナルティのワッキーらと麻雀をしたり、高級スポーツジムにも通っているようです」と話す。

ほんまに「ええのう広島」だのう。

山本圭一(元・極楽とんぼ)の芸能界復帰を訴えたロンドンブーツ1号2号の田村淳

6月30日、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、写真投稿サイト、インスタグラムで「極楽とんぼの山本さん!早く復帰して欲しい」と元・極楽とんぼの山本圭一の芸能界復帰を訴えたという。山本は淫行騒動で06年7月に所属事務所を解雇され、芸能界から姿を消している。

山本から7年前にもらったという「ひょっとこのお面」をかぶった写真を投稿し、「火男…このお面いつも持ち歩いてて時々付けて、このお面をくれたあの人の事を思い出しています!…極楽とんぼの山本さん!早く復帰して欲しい!」と名前を出して訴えた。

フォロワーからは、「長いよね 早く復帰してほしい」「ブーさんが去ってからはや8年…もうそろそろ世間も笑って迎えられる体制はできてるとぼくは思ってます」などの声が寄せられているという。

淳はこれまで何度も山本の復帰をツイッターなどを通じて訴えてきた。

山本の元相方、加藤浩次は昨年1月4日に放送されたラジオ番組で「年内復帰」を望む発言。翌5日、淳はツイッターで「僕は強く復帰を望みます!」と訴え、時期尚早とのユーザーの声には、「6年半山本さんがどんな思いで過ごしてきたか…」と反論していた。

淳はかつて山本を中心とした「軍団山本」のメンバーとしてプライベートで親交が厚く、「芸能界に入ってからずっと揺るぎない兄貴」と公言している。(デイリースポーツ)


極楽とんぼ

インコートンボが極楽なのかどうか知らないが、薬物所持で捕まって復帰した芸能人はいても、淫行で捕まって芸能界に復帰した人間は、あまり聞いたことがない。それだけ、この犯罪に対する世間の目は厳しいようだ。

極楽とんぼの山本圭一、強姦事件(2006年)

極楽とんぼの山本圭一、強姦事件(2006年)

山本圭一は東京で生まれ、3歳のときに広島市に転居。広島大学附属小学校から私立広島県瀬戸内高等学校へ進学した。2006年7月16日、茨城GG遠征試合で訪れた北海道函館市にて、同席していた未成年の少女(17)から「酒を飲まされ強姦をされた」という内容の被害届を17日に提出されたため、同日北海道警察函館西警察署より事情聴取を受ける。未成年の少女(17)に対する強姦の疑いで告訴されたことを受け、所属の吉本興業は18日付で山本との専属芸能家契約を打ち切った。山本は少女と性行為を行った事実は認めたが、「合意のうえだった」と強姦容疑は全面否定したようだ。

一方で、業界内では「女癖が悪い」(テレビ局関係者)ことでも知られいるようで、若手ら芸人らに合コンなどセッティングさせて遊びまくっていたという。

山本は、2002年11月、都内の大学の学園祭で下半身を露出し、公然わいせつ容疑で書類送検された。また、2003年6月、当時交際していたホステスに「妊娠中絶を強要された」と週刊誌で暴露され、事務所を通じて反省のコメントを出した。

極楽とんぼ 山本圭一

広島瀬戸内高校
瀬戸内高等学校

瀬戸内高等学校

スポンサーリンク

広告