産経ソウル支局長起訴問題で韓国ネットユーザー「むちゃくちゃはずかしい」

産経新聞の加藤前ソウル支局長が無罪判決になったことで、レコードチャイナがネットユーザーのコメントを紹介した。お隣の国でも今回の問題については、韓国政府の対応に批判的なようだ。

韓国ソウル地裁は、情報通信網法の名誉毀損容疑で在宅起訴された加藤氏に対し、無罪を宣告した。ただしコラム記事については、虚偽の内容であり、「朴大統領個人を誹謗する目的ではなかったものの、個人の名誉を深刻に傷つけた」とした。 加藤氏は昨年8月、インターネットで公開した記事で、「同年4月のセウォル号惨事の当日に朴大統領の所在が不明だった7時間があり、元側近の男性と会っていたとのうわさがある」との内容を記していた。

検察は10月に開かれた公判で「韓国が社会的、政治的に混乱した状況において、出所不明のうわさを元に大統領の名誉を傷つけた」として、加藤氏に懲役1年6カ月を求刑していた。

この裁判に関する韓国国民の関心は非常に高く、韓国のネットユーザーの間では判決が出る前からさまざまなコメントが飛び交っていた。この無罪判決の報には、次のようなコメントが寄せられている。


「事実をありのままに報道しても、名誉毀損罪が成立するのか?」
「むちゃくちゃ恥ずかしい」
「朴槿恵は見てるか?」
「また国の恥さらしだよ」
「(コラムは)事実なんだから、そりゃ無罪でしょ」
「それなら7時間もいったい何をしてたのか…。公表しないなら勝手に想像させてもらうよ」
「加藤さんの言い分がうそだという証拠を出してみろ!」
「判決は靖国神社の爆発事件と無関係ではないだろう」
「韓国国内での判決に意味はない。今の韓国は三権分立ではなく独裁だからね」
「朴大統領がいたと言われてるロッテホテルの防犯カメラは確認したんだろうか?ま、その前に、傷つける名誉があるのかって話もあるけどね」
「ここまで来ると韓国は見事。未来が見えないよ」

産経ソウル支局長無罪判決に見る韓国社会と日本の韓国街

産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が、韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領の名誉を傷つけたとして在宅起訴されていたが、韓国の裁判所は12月17日、「大統領を誹謗する目的はなかった」などとして無罪判決を言い渡した。この問題は、今の韓国社会の危うさを自ら露呈させている。韓国とはいったい何なのか。


この問題は自社のウェブサイトに掲載したコラムで、2014年4月に起きた韓国の旅客船沈没事故の当日、パク・クネ大統領の所在が一時、分からなくなっていたと伝えた韓国の有力紙「朝鮮日報」の記事を引用したうえで、パク大統領が元秘書の男性と一緒にいた可能性を示唆し、インターネットを使って大統領の名誉を毀損した罪に問われたというもの。


これに対して加藤前支局長は、「記事には公益性があり、誹謗する目的もなく、名誉毀損には当たらない」などとして無罪を主張していた。


17日の判決で、ソウル中央地方裁判所は、被告はうわさが虚偽であると知っていたとした一方で、「記事は、私人としてのパク・クネ氏から見れば社会的な評価を深刻に阻害しているが、公人としての大統領の業務遂行については公的な関心事であり、名誉を傷つけたと見るのは難しい」と指摘した。


さらに、「被告が記事を書いたのは韓国の政治や社会の事情を日本に伝えることが目的で、誹謗が目的だったと見ることは難しい。言論の自由は韓国の憲法で保障されており、公職者に対する批判は可能なかぎり許容されるべきであり、公職者の権限が高ければ高いほど許容される範囲はより広くあるべきだ」とする判断を示し、無罪を言い渡した。


17日の公判で裁判所は判決文の読み上げに先立ち、韓国外務省が提出した文書を読み上げるという異例の対応を取り、この中で韓国外務省は今回の裁判が両国の関係改善の障害となっているため大局的に善処すべきだと日本側から強く要望があったとしたうえで、「最近、両国関係の改善の兆しがあり、善処すべきだとする日本側の主張をしん酌することを望む」として配慮を求めていた。(NHK)


今回の韓国による日本人拘束で思い出すのが、尖閣諸島の領有権問題で中国共産党による日本企業の社員の拘束があった。いずれの事案も日本人の感覚からして不合理なものだった。この件で初めて韓国社会というものを見せつけられた感じだ。


また、判決文にもあるが「公職者に対する批判は可能な限り許容されるべき・・・」というのは日本社会でも同じだと思うが、もしかしたらこれをメシのタネとして日本政府を積極的に批判して活動できるのも理解できる。



日本の韓国街
ひと昔前は、韓国のタレントや歌手が来日する度に、日本の韓国街もにぎやかになり成長していったが、日韓関係が悪化してくると、街には客足が遠のいて活気が無くなっていった。


広島市内で韓国街といってもピンとこないし、たいしたものはないが、東京の新大久保は全国的にも有名だ。その地域では、今でも人の往来はそれなりにあるが、一時期の勢いと活気はない。新大久保かいわいが全盛期の時には、お店を出そうとしても空きがない状態だったが、今ではところどころ店舗を閉めている。


韓国料理専門の店で食べると安いと思うかもしれないが、これが意外と高いのだ。あるお店の経営者と話をしたことがあるが、今までは鍋ものやマッコリ、チジミなどの韓国メニューを中心に出していたが、客足が遠のいてからは韓国メニューを減らしていった。増やしたメニューは韓国の食材が生かせるような日本風の居酒屋料理といったものだった。経営者はパククネ大統領には困っていたようだった。


仮に日韓関係が解決したからといっても、街に活気が戻るのは一時的なものだろう。韓国社会は根本的に対日姿勢を考えないと、日本で働いて生活している在日韓国人、いわゆる同胞たちを見捨てることになってしまう。

靖国神社爆発音事件で韓国人の顔写真公開を韓国が抗議

12月10日、韓国政府は靖国神社で爆発音がした事件で、逮捕された韓国籍の全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者の顔などが日本で報じられていることについて日本政府に抗議したという。韓国外務省当局者が明らかにした。

韓国のマスコミは、政治家ら公人、有名人を除き、人権上の配慮から容疑者の顔や実名を報じない場合が多い。ただ、事件の重大性などを鑑みて報じるケースもあるという。

当局者は「容疑者の写真を無分別に公開するなど日本メディアの報道ぶりについて10日午前、外交ルートを通じ公式に抗議した」と述べた。各日本メディアに直接接触するのは難しいため、日本政府に抗議したと説明した。(ソウル時事)


全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者は11月23日午前9時30分ごろ、靖国神社内のトイレに、不法に侵入した疑いが持たれている。全容疑者が現場を立ち去った約30分後に大きな爆発音があり、金属製パイプやハングルが記載された乾電池、タイマー装置のようなものが見つかった。事件後、全容疑者は韓国に帰国していたが、12月9日午前に羽田空港から再び日本に入国したところを発見され、逮捕された。


逮捕された韓国籍の男が「靖国神社のトイレを確認しに来た」などと供述していたが、レコードチャイナがこれについて韓国のネットユーザーによるコメントを紹介した。


「もう少しまともな理由を考えられなかったの?水面下で取引があったことは明らか」

「トイレを見る目的で日本に行く人は初めて見た。『捕まる前においしい日本のラーメンを食べたかった』なら理解できるが…」

「何かそれなりの考えがあって日本に入国したのだろう。作戦を遂行できなくて残念」

「歴史を否定する日本は確かに許せないが、彼の行動は間違っている。何かを訴えたいのなら、もう少し勉強してからにして。国の英雄になりたかったようだが、ただ国の品格を落としただけ」

「日韓の外交関係に影響を及ぼしかねない、とても敏感な問題なのに、韓国外交部はただ見ているだけ?容疑者が日本に再入国する前に、何か措置を取れなかったの?」

「うどんがとてもおいしかったのでまた来ました!となぜ言えない?」

「靖国神社のトイレが、韓国人の新たな観光名所になりそう」

「彼はお金持ちのようだ。思い立ったらすぐに日本に行けるなんてうらやましい!」



韓国人靖国爆破03

北朝鮮が核兵器使用の兆候で韓国軍が金正恩を暗殺!

8月28日、韓国軍は北部の京畿道抱川の演習場で過去最大規模の統合火力訓練を行い、朴槿恵大統領が観閲した。17日から韓国で続いていた米韓連合軍の指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」は28日に終了したが、韓国は25日の南北合意で緊張緩和に合意した後も北朝鮮への軍事的圧力を緩めない姿勢をアピールしている。統合火力訓練には在韓米軍も参加し、約2千人の将兵と戦闘機やヘリ計80機以上、戦車など約100台が投入された。

一方、韓国軍幹部は27日、ソウルでの会合で韓国軍が北朝鮮に優位に立てる戦いの分野として、金正恩第一書記ら国家指導部を暗殺する「斬首作戦」があると述べた。韓国軍は韓国メディアに、北朝鮮が核兵器を使用する兆候が出た場合、承認した金第一書記らを暗殺し、攻撃をとどまらせる作戦だと説明した。北朝鮮のウェブサイト「わが民族同士」は28日、この発言を「北南合意に対する露骨な背信だ」と非難し、「南朝鮮当局が第一歩からこのように出るのなら合意は実現が困難になる」と警告した。(ソウル共同)

朴槿恵大統領、北朝鮮崩壊で南北統一来年にも

韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が7月、大統領府での非公式会議で「統一は来年にも起きるかもしれない」と述べ、南北統一への準備を急ぐよう出席者に求めていたと、韓国紙、ハンギョレ新聞が8月18日、複数の出席者の話として報じた。朴氏は「北朝鮮で影響力を持つ人々が亡命してきている」と指摘。出席者は北朝鮮の体制が早期に崩壊する可能性があることを念頭に置いた発言受け止めていたという。

北朝鮮は、朴政権が北朝鮮の体制を崩壊させ、「吸収統一」を狙っていると警戒している。韓国は否定してきたが、発言が伝えられたことで、北朝鮮に非難の口実を与えそうだ。

韓国統一省当局者は「そんな発言はなかった」と否定している。

会議は7月10日に開かれた、統一準備作業を行う大統領直属機関「統一準備委員会」。同委は昨年1月の記者会見で、朴氏が統一は南北に大きな恵みをもたらすと強調した後につくられた組織。

今年3月には朴氏のブレーンの鄭鍾旭(チョン・ジョンウク )副委員長が、北朝鮮の体制が崩壊し韓国が吸収する形の「吸収統一」の研究を同委で行っていると発言したことが発覚、北朝鮮が反発し解体を要求した。(中国)

朴槿恵大統領の妹、槿令氏「なぜ日本の首相が交代するたび謝れというのか」と苦言

聯合ニュースによると、韓国の、朴槿恵大統領の妹、槿令氏(61)は、7月30日、日本との歴史問題をめぐり、「なぜ日本の首相が交代するたびに謝れと言うのか」などと述べ、日本に謝罪や反省を求め続ける韓国世論に苦言を呈した。日本を擁護する発言だとして物議を醸している。槿令氏は日本から帰国したソウルの金浦空港で記者団に対し、日本人の靖国神社参拝について「先祖に過ちがあったからと参拝もしないのは、人の道に背くこと」と指摘。「(参拝しないよう求めるなど)韓国が関与するのは内政干渉だ」と語った。旧日本軍の従軍慰安婦問題では「苦痛を受けた元慰安婦の方々は、韓国国民が国内で面倒を見るべきだ」とした。(ソウル共同・中国)

広島市の姉妹都市・韓国大邱市でMERS感染者確認

6月16日、MERSの流行が続く韓国では、新たに死者が3人増え、19人となったほか、韓国第4の都市・大邱(テグ)でも初めての感染者が確認された。これでMERSの感染者は4人増えて154人に、死者はさらに3人増え、19人となった。また、新たに南部の都市・大邱で初めて、52歳の男性に感染が確認されるなど、ソウルだけでなく韓国各地へ感染が広がっている。一方、韓国の保健福祉省は、自宅などで隔離されているおよそ5500人のうち、20人から30人は日本人を含む外国人であることを明らかにした。このうち、MERSの患者が出た病院を訪れたことで隔離の対象となっている日本人の親子2人は、すでに帰国したという。(JNN)


MERS.png


【広島市がMERS注意呼びかけ】
韓国で、重い肺炎などを引き起こす「MERSコロナウイルス」の感染が広がっていることを受け、広島市は6月15日夜、医療関係者を集めた会議で、感染が疑われる患者が受診した場合には速やかに保健所に知らせるなど、連携を強化していくという。「MERSコロナウイルス」は重い肺炎などを引き起こすウイルスで、国内での感染はまだ確認されていないが、韓国では5月20日以降、感染が広がっている。(NHK広島)

韓国元外相が同胞の広島市で安倍首相の歴史認識謝罪要求


6月4日、日韓国交正常化50年を記念し、広島県内の企業関係者らでつくる県日韓親善協会の総会が中区で開かれた。孔魯明(コンノミョン)・韓国元外相が「韓日関係50年とその未来を考える」と題して講演し、県内の企業関係者ら約200人が参加した。

孔元外相は、安倍晋三首相がこの夏に発表する戦後70年談話について、「日本の友人として首相にお願いしたいのは、国内向けでなく、アジアに向けた過去に対する反省と謝罪の意をはっきりと示すべき」と主張した。また、日韓首脳会談が実現しない要因として、安倍首相が日韓の歴史認識について発言のブレがあると指摘。「歴代政府の歴史認識を踏襲すると言いながら、河野談話の内容を検証する必要があるなどと発言し、混乱を招いた」など持論を述べた。最後に、韓国経済発展の背景に日本との経済協力があったとし、「日韓は共存共栄すべき間柄で、一人一人が親和力を高める努力が必要だ」と締めくくった。(毎日)


「広島県日韓親善協会」は広島市中区基町の中国放送内にある。「日本を1000年恨み続ける」と言った朴槿恵大統領を敬愛する同協会の会長のメッセージに興味のある人は、リンクを参照。韓国のすばらしさが分かるらしい。尚、同協会に入会希望の人は、個人であれば年会費5000円との事。

http://www.jakof.jp/sub2.htm

非礼な韓国・大邱市長を広島市特別名誉市民にした痴呆都市ヒロシマ

韓国から執拗に言いがかりを付けられ続けている日本だが、これは日本の歴代総理の腰抜け謝罪外交が原因で、長期にわたり尾を引いている。そんな状況で広島市は、我が道を行く痴呆都市なんだろうか、韓国の大邱市市長に広島市特別名誉市民を贈った。広島市は日韓問題について「見ざる・言わざる・聞かざる」という戦略だ。

「平和」という傘を掲げれば、民意に反することをしても非難されることはない。偽善ヒロシマは、いつでもどこでも我が道を行く。

5月13日、菅官房長官は韓国国会が安倍晋三首相の米国上・下院議会での演説を糾弾する決議案を採択したことについて強い不快感を表した。同日の記者会見で「友好国の首相を名指しする形でこのような決議を行うことは非礼と言わざるを得ない、全く受け入れることはできない」と述べた。

また、安倍首相の先月末の米国議会演説については「演説はアメリカから大きな評価を頂いた。事実を全く踏まえずに国会決議が行われたことは誠に遺憾だ」と伝えた。

さらに、日本政府が日帝強占期の朝鮮人強制徴用施設をユネスコ世界文化遺産に申請したことを非難する韓国国会の決議案についても「政治的主張は持ち込むべきではない」と批判した。

韓国国会はこの前日に本会議を開き、訪米中における安倍首相の旧日本軍慰安婦発言などゆがめられた歴史認識を糾弾する決議案と、日帝強占期における朝鮮人強制徴用施設を日本がユネスコ世界文化遺産として登録しようとする動きに対して糾弾する決議案をそれぞれ採択した。

そして、朴槿恵大統領は4日、安倍晋三首相の米国上下院での演説に関して「日本が歴史を直視できず自ら過去の問題に埋没しつつある」「安倍政権が過去の問題について心からの謝罪で近隣諸国との信頼を強化できる機会を生かせないのは、米国でも多くの批判を受けている」と伝えた。

ところが、広島市は5月4日、姉妹都市提携を結ぶ韓国・大邱市の権泳臻(クォン・ヨンジン)市長(52)に、特別名誉市民の称号を贈っていた。広島市と姉妹都市となって18年目を迎えた韓国大邱市の權泳臻市長が、広島市役所で贈呈式が行われた。

広島市名誉市民とは、広島市のホームページの解説によると「本市を来訪した外国人で、国際親善その他の目的で特にかかわりの深い人に対し“広島市特別名誉市民”の称号を贈っています」とある。今回の広島市の驚くべき行動は「韓国気質ひろしま」を証明してしまったようだ。


広島市特別名誉市民

韓国朴槿恵大統領の危険な末路~1度あることは2度ある

11月28日、韓国大統領府の秘書官ら8人が、朴槿恵大統領の元側近の男性による国政への介入を報じた韓国紙、世界日報の記者ら6人を名誉毀損の疑いで捜査当局に告訴したという。朴政権では政府関係者らによるメディアの民事提訴や刑事告訴などが相次いでいるようだ。

広島と韓国の関係については、「広島平和記念資料館」のホームページに分かりやすく書かれていたから、そこから要約してみたい。

「明治維新以後、朝鮮支配を進めた日本は、1910年(明治43)年の日韓併合により朝鮮を植民地としたため、生活基盤を失った多くの人々は職を求め、日本に渡らざるを得なかった。また、戦時中の労働力不足を補うため、強制連行や徴用によって多くの朝鮮人が日本で働かされ、敗戦時、日本には約300万人の朝鮮人がいたといわれており、当時の広島市内での原爆による犠牲者は、数万人の朝鮮人がいて被爆したといわれている」 とある。

広島県内の在韓・北朝鮮人口は約1万人(2010年総務省)となっており、日本全国では、人口1万人当たりで計算すると37人で全国11位である。1位は大阪となっている。韓国とは(韓国に限らず)、平和行政を主体とした文化交流は盛んで、海の向こうの本土とは様相がかなり違うのもうなずける。

気になるのが、朴槿恵大統領と側近たちによる強権的なマスコミへの排除姿勢だ。それは2006年5月20日、遊説中だった最大野党ハンナラ党の朴槿恵代表が、50歳くらいの男2人に襲われ、カッターで顔を切りつけられ、重傷を負った事件だ。

朴槿恵政権が、言論弾圧をやればやるほど、韓国内の不満分子が爆発し、日本では起こり得ないことがまた起きることになる。韓国人の素行や歴代の韓国大統領の末路をみれば一目瞭然だ。


パククネ