西区高須で住宅火災、焼け跡から遺体1人が見つかる

3月22日朝早く、広島市西区で住宅1棟が全焼する火事があり、焼け跡から1人が遺体で見つかった。22日午前5時半ごろ、広島市西区高須で住宅の2階が燃えていると消防に通報があった。消防車15台が出て、火はおよそ4時間後に消し止められたが、消防によると、木造モルタル2階建ての住宅およそ100平方メートルが全焼したほか、周辺の住宅3棟も壁が焼けるなどし、全焼した住宅の1階から1人が遺体で見つかった。

また、この家に住む60代の男性が病院に運ばれたが、当時、意識はあったという。この家にはこの男性と80代の母親が2人で住んでいて、火事のあと、母親と連絡がとれなくなっているということで、警察は亡くなったのはこの母親ではないかとみて確認を急いでいる。現場は広島電鉄宮島線の高須駅から北西に200メートルほどの住宅が建ち並ぶ地域。(NHK広島)




西区高須 住宅火災

自分の部屋にライターで火をつけた無職の男を逮捕

3月19日朝早く、広島市のアパートで2階の1室が全焼した火事で、警察はこの部屋に住む無職の男を現住建造物等放火の疑いで逮捕した。逮捕されたのは広島市佐伯区五日市中央の無職・岡部昌弘容疑者(65)。警察によると、岡部容疑者は午前5時半ごろ、木造2階建てのアパートの2階にある自分の部屋にライターで火をつけ、この一室を全焼させた疑いが持たれている。このアパートには岡部容疑者のほかに3世帯7人が住んでいたが、けが人はいなかった。 火事の発生から間もなく岡部容疑者は自ら佐伯警察署に出頭してきたという。容疑を認めているということで警察が動機などについて詳しく調べている。(RCC)



五日市 放火

自分で借りた福山の倉庫に放火した会社社長を起訴

自分が借りている倉庫に火を付けたとして、広島地検福山支部は3月10日、福山市駅家町江良、会社社長坂本健二容疑者(65)を非現住建造物等放火罪で起訴した。福山北署は、保険金をだまし取ろうとした詐欺未遂の疑いで、近く再逮捕する方針。広島地検福山支部などによると、坂本被告は1月21日午後7時ごろ、福山市新市町宮内の男性(79)が所有する倉庫内の衣類に灯油をまき、マッチで火を付け、プレハブ2階建て延べ約100平方メートルを全焼させた疑い。倉庫は坂本被告の会社が借り、衣類を保管していた。捜査関係者によると坂本被告は「保険金目的だった」などと供述しているという。福山北署が2月20日に逮捕し、送検した。芦品消防署によると、この火事で、隣接する民家と物置の一部も焼いた。(中国)

サンモールの地下店舗で火事、消火活動難航

3月5日午後、広島市にある商業施設「サンモール」で、地下にある店から「煙が出た」と通報があった。来店客などが建物の外に避難した。5日午後0時半ころ、広島市中区にある商業施設・サンモールで、「地下から煙がでている」と119番通報があった。目撃した人によると、地下にある飲食店の湯沸かし器付近から、火が出ていたという。消防によると、店内に煙が充満していたため消火活動は難航し、通報から4時間半後の午後5時前になって火は消し止められた。この火事によるケガ人などはいないという。(RCC)



広島 サンモール火事

牛田東で住宅火災、1人死亡

3月3日夜、広島市東区で住宅の一部が焼ける火事があり、この家に住む73歳の女性が死亡した。3日午後7時半ごろ、広島市東区牛田東の圓道昌子さん(73)の住宅で「煙が充満している」とこの家に住む圓藤さんの息子から消防に通報があった。消防車7台が出て消火にあたり、およそ45分後に火は消し止められたが、消防によると、この火事で木造2階建て住宅の2階の一部およそ3平方メートルが焼けたほか、2階の別の部屋にいた圓道さんが心肺停止の状態で救出され、病院に搬送されたがその後、死亡が確認された。圓道さんの息子にはけがはなかった。現場は、JR広島駅から北東におよそ1.5キロの住宅などが建ち並ぶ地域で、警察と消防は4日現場検証を行い、火事の詳しい原因を調べることにしている。(NHK広島)


安芸太田町で家が全焼、1人が遺体で見つかる

3月3日朝、安芸太田町で住宅1棟が全焼する火事があり、焼け跡から1人が遺体で見つかった。3日午前6時15分ごろ、安芸太田町上殿で瀬川美徳さん(52)の家が燃えていると近くに住む人から消防に通報があった。消防車など8台が駆けつけて消火にあたり、火はおよそ2時間後に消し止められたが、木造平屋建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡から1人が遺体で見つかった。

警察によると、この家には瀬川さんと90歳の母親、それに25歳の息子のあわせて3人が暮らしていて、この火事で瀬川さんと息子の2人が病院に運ばれたほか、母親と連絡が取れなくなっているという。

警察は亡くなったのは母親とみて身元の確認を進めるとともに、火事の原因を調べている。現場は、中国自動車道の戸河内インターチェンジからおよそ500メートル西の住宅や田んぼがある地域。(NHK広島)




安芸太田町 火事

「バーン!」西区のマンションで爆発音と煙

2月23日午前2時30分ごろ、広島市西区観音本町2丁目の鉄筋10階建マンションの複数住民から、「爆発音が聞こえ、煙が見える」などと110番があった。3階の50代男性方から出火し、洋室1室約30平方メートルを焼いた。男性が病院に搬送されたが重傷とみられる。火災報知器が作動し住人は外に避難。消防車11台が出動し、現場は一時騒然とした。住民の会社員男性(25)は「寝ていたらバーンという爆発音があり、壁が揺れた。窓の外を見ると煙が見えた。恐ろしかった」と話していた。(中国)

府中市で住宅火災1人遺体発見

2月15日午後、府中市で住宅1棟が全焼する火事があり、敷地内から1人が遺体で見つかった。15日午後3時半ごろ、府中市久佐町の正木靖行さん(76)の家から火が出て消防が消火にあたり、火は1時間余りで消し止められたが、木造2階建ての住宅1棟およそ97平方メートルと、離れの建物およそ10平方メートルがいずれも全焼した。この火事で敷地内から1人が遺体で見つかった。警察によるとこの家には正木さんが1人で暮らしているが、火事のあと連絡が取れなくなっているという。警察は亡くなったのは正木さんとみて身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べている。現場は、JR福塩線の河佐駅から500メートルほどの田畑の中に住宅が点在する地域。(NHK広島)



府中市 火事

比治山の10階建てビルの7階で火災7人けが

2月8日午後、広島市南区の10階建てのビルの7階の部屋から火が出て、火はほぼ消し止められたが、消防が現在も消火活動にあたっている。消防によると、ビルの中にいた7人が避難する際、煙を吸うなどして軽いけがをしているという。

8日午後1時すぎ、広島市南区比治山町の10階建てのビルの7階の部屋から火が出て、火はおよそ1時間後にほぼ消し止められたが、消防が現在も消火活動にあたっている。警察や消防によると、ビルには商業施設や事務所などのほか、高層階を中心に居住スペースがあり、火が出たのは居住スペースの1室だという。

消防は、はしご車で高層階にいた人を避難させるなど救助活動にあたった。消防によると、火元と見られる部屋にいた住民はすでに避難したが、ビルの中にいた20代から90代の男女7人が避難する際に煙を吸うなどして軽いけがをしているという。現場はJR広島駅から1キロほど南の、マンションや住宅が建ち並ぶ地域。(NHK広島)

関係者によると、80代女性は「電気ストーブをつけたまま寝ていて、気が付いたら火が出ていた」と話しているという。(中国)



広島比治山ビル火災

福山でアパート火事1人が遺体で見つかる

2月7日夜、福山市で2階建てのアパートが焼ける火事があり、焼けた部屋から1人の遺体が見つかった。7日午後9時50分頃、福山市若松町にあるアパートに住む女性から「2階の部屋が燃えている」と消防に通報があった。消防車10台が出て火は1時間あまりで消し止められたが、木造2階建てのアパートのおよそ200平方メートルが焼け、2階の焼けた1室から1人の遺体が見つかった。

この部屋に1人で暮らしていた60代の男性と連絡がとれなくなっているということで、警察では亡くなったのはこの男性ではないかとみて身元の確認を急いでいる。現場は、JR福山駅から東に1キロほどのビルや住宅が建ち並ぶ地域で、すぐ近くを新幹線や在来線の線路が走っている。(中国)




福山アパート火災

スポンサーリンク

広告