教職員13人を処分した広島県教委教育長が緊急メッセージ

広島県教育委員会が、女性職員に対してセクハラ行為を繰り返した公立中学校の校長をはじめ、生徒にわいせつ行為を行った教諭など、あわせて13人にのぼる教職員の懲戒免職や停職の処分を12月25日付けで行ったことを明らかにした。処分を受けたのは、懲戒免職1人、停職3人、減給5人、戒告4人のあわせて13人。


教育長緊急メッセージ「不祥事根絶のための取組の徹底について」
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/kyouiku/h2512fushojikonzetsu.html


県教委がこれほどの人数の一斉処分を発表したのは異例。信頼を失墜した県教委は記者会見で陳謝を繰り返した。

停職2ヵ月となった50代の中学校長は5月から9月ごろにかけ、女性職員に声掛けや指導をする際に不要に体を触れるセクハラ行為を繰り返したほか、勤務時間中に車で校外へ連れ出すなどした。さらに同じ学校の50代の男性教頭は女性職員から相談を受けながら放置。戒告となった。

さらに体罰や万引き、交通違反など処分対象となった不祥事は多岐にわたる。進路指導用の資料8枚を教室の机に置き忘れ、生徒約30人の目に触れさせたとして福山市の中学男性教諭(29)を減給10分の1(1ヵ月)とした。

2013年度、懲戒処分を受けた教職員は今回を含め33人。12年度1年間の20人を既に大きく上回わった。
(中国)

◆広島県教委が発表した懲戒処分者と内容
                被処分者  処  分                             処分理由
中学男性教諭懲戒免職所属校の女子生徒にわいせつ行為
中学校長(50代)戒告上記教諭の監督不行き届き
中学男性校長(50代)停職2ヵ月所属校の女性職員にセクハラ
中学男性教頭(50代)戒告上記事案を自己判断で黙認
福山市の中学男性校長(58)停職1ヵ月職員の目標管理をめぐり市教委に虚偽報告
呉市の小学男性教諭(55)停職1ヵ月スーパーで食品を万引
呉市の中学男性教諭(46)減給
10分の1
(2ヵ月)
生徒8人に体罰し、うち2人が負傷
呉市の中学男性校長(57)減給
10分の1
(6ヵ月)
上記教諭への指導不十分など
福山市の中学男性教諭(29)減給
10分の1
(1ヵ月)
進路指導資料を教室に放置し、生徒に漏洩
東広島市の小学男性教諭(54)減給
10分の1
(1ヵ月)
勤務時間中に女性職員に繰り返しキスや抱擁
福山市の中学男性教諭(58)戒告同僚教諭に不適切な発言
高校男性教諭(48)減給
10分の1
(1ヵ月)
通勤途中に交通違反
高校男性教諭(33)戒告部活動の練習試合で生徒3人の顔をたたく
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL