松井市長が「うつ病」の兆候

広島市の松井一実市長は11月29日の定例会見で、職員の飲酒運転が一向に後を絶たないことについて「市役所の環境風土を変えるための取り組みを強化し、各部署での個別面談を終えたところで事件が発生した。ショックが大きい。遺憾だと思う」と述べた。(産経)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL