広島県北を悩ます米軍機飛行騒音問題

広島県の北部などで繰り返されるアメリカ軍機による低空飛行訓練の騒音が、9月の測定で最大で「騒々しい工場の中」のレベルだったという。この測定は防衛省がこの夏北広島町西八幡原など2ヶ所に設置した騒音測定器によるもの。北広島町の機械の9月の測定結果によると電話のベル並みという70デシベル以上の騒音を記録したのは、あわせて10日間で43回にのぼった。月平均の騒音レベルは、地下鉄の車内の騒音並みの85デシベル。最もうるさかったのは9月24日で、騒々しい工場の中に相当する96デシベルでした。1日あたりで回数が最も多かったのは9月30日の11回だった。低空飛行訓練の騒音はこれまで北広島町が独自に測定していたが、精度の問題から国も測定するよう地元から要望が出ていた。(RCC)


米軍機による低空飛行は、地上から見上げることが一般的だが、後方から追尾するような格好で見たことがある。ある日、車で尾道松江線を北上していた時である。ちょうど三次から高野あたりだったと思う。車で時速100キロ位で走っていると、突然、後方から爆音がした。何事かと思い、斜め前を見ると、戦闘機らしき物体が2機、走行中の車の後方から前方に向かって山の上すれすれに飛行した。驚いたのは、機体の翼を左右に交互に傾けながら飛んでいた。なぜ、機体をそのように振っているのか分らないが、ずいぶん荒っぽい飛び方をするもんだと思った。2機はあっという間に山の彼方に飛び去って行った。恐らく米軍機だろう。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL