雇用した外国人実習生を殴る蹴るを繰り返す広島県民

広島県内で外国人技能実習生に対する低賃金雇用や暴力行為などの不正が後を絶たないという。実習生の支援団体は「行政は企業により強い態度で指導をしてほしい」と求めている。三原市の船舶部品製造会社で働く20歳代のベトナム人男性は8月中旬、取締役男性の暴力に耐え切れず、福山市の労働組合ユニオンたんぽぽに相談した。

男性は昨年1月に来日。理解のままならない日本語で指導を受けながら溶接を担当していたが、昨夏から「仕事が遅い」などと殴られたり蹴られたりするようになったという。「ベトナム人だけ殴られてつらかった」。足や腕にできたあざの写真も持参していた。

このケースはたんぽぽの指摘で、男性と会社経営者、企業への実習生紹介や指導を担う協同組合(福山市)が協議。会社側が「今後一切体罰を加えない」と誓約書を書き、男性は職場に戻った。

たんぽぽによると、今年に入り、約30人の実習生から相談が寄せられたという。複数の縫製会社で働く実習生7人は6月、残業代すら広島県の最低賃金(719円)を下回る時給350~400円しかないと訴えた。ほかに「毎日怒鳴られる」「外出が制限される」などの相談も目立つという。

スクラムユニオン・ひろしま(広島市)にも廿日市や海田町、呉市などから絶えずSOSが届いているという。

広島県内では、福山市の縫製、尾道市や三原市の造船関連の会社が多くの実習生を受け入れている。広島労働局が昨年実施した県内の実習生受け入れ事業所の抽出調査では、84.5%で労務管理上の法令違反があった。(中国)

江田島のカキ養殖加工会社で中国人が2人を殺害
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL