嫌われ嫌がられる広島で転出者が増える

8月28日、総務省が発表した人口動態調査で、中国地方5県の人口減少が加速する実態が浮き彫りになったという。少子高齢化に伴う自然減に加え、転出者が転入者を上回る社会減が深刻化。広島は社会減が6364人と都道府県で6番目に多く、前年の2・55倍に増加した。2013年3月末時点の住民基本台帳に基づく5県の日本人の人口は、広島283万6043人、山口143万4337人、岡山192万5697人、島根70万7878人、鳥取58万4602人。減少率は山口の0・77%(1万1136人)が最も高く、全国で8番目。島根も0・73%(5178人)で10番目となり、鳥取0・70%(4113人)、広島0・37%(1万637人)、岡山0・30%(5889人)と続いた。5県はいずれも社会減となった。前年は社会増だった岡山が減少に転じた。社会減が急増した広島県の伊達英一経営戦略部長は「進学や就職による若者の流出に加え、支社や事業所が県外に移転している可能性がある」と分析。「家族が住みやすい地域づくりを進め、転入者を増やしたい」と話している。(中国)
関連記事

Comment

No title
編集
創価学会、公明党が主犯格
左翼団体、創価、くだらない連中が多い土地柄で
2016年05月11日(Wed) 06:59
No title
編集
広島は在日、左翼、創価学会の嫌がらせが日常化している土地
他の都道府県の方々とは日常生活の常識も違うよなぁ
2016年04月06日(Wed) 15:44
編集
やはりと思います。
我が家と同じように県外から来た奥様の
何人かが職場でイジメでにあい、
夫だけ単身赴任で残し地元へ帰ってしまいました。
そのイジメが学歴が高いであろう、
医者の世界にもあったことに驚きました。
人間は育った環境でこうも違うのか、と
私自身驚くことも多々ありました。
でも本当に広島を変えたいと心から思っている人は
果たしてどのくらいいるのか疑問です。

私はいつ関東に戻れるか、
それだけを楽しみにしています。
2013年08月31日(Sat) 16:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL