広島県出身者の上場企業の社長が犯した盗撮事件(2012年・日本IBM)

2012年8月22日午前8時頃、日本IBM(東京都中央区)最高顧問の大歳卓麻元社長(63=広島県出身)が、東京都新宿区のJR中央本線「四ツ谷駅」構内で、上りエスカレーターの前に立つ女性のスカート内を携帯型音楽プレーヤー「iPod nano」の動画撮影機能を使用して盗撮した疑いで、東京都迷惑防止条例違反容疑で四谷警察署の事情聴取を受けた。

連行された交番で、警官が大歳氏の「iPod nano」(録画機能付きプレーヤー)を再生すると、スカート内の盗撮動画が残されていた。これが証拠となり、大歳氏は「撮ったのは間違いない。盗撮に興味があった」と自白して容疑を認めたという。

逃亡の恐れがないことや、盗撮された女性から被害届が出ていないことから同日中に釈放され、11月28日、東京簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL