300万円で職員として採用しちゃるけぇと三原市議会前議長

三原市の職員採用試験で、知り合いから依頼されて受験者を採用するよう働きかけた見返りに現金を受け取った疑いで、前の議長が逮捕された。逮捕されたのは、三原市議会前議長の白須均容疑者。発表によると白須容疑者は、2011年度に行われた三原市の職員採用試験で、知り合いで会社役員の高田敏明容疑者から依頼され、受験者1人を採用するよう市の職員に働きかけた見返りに、現金300万円を受け取った疑いがもたれているという。受験者は実際に職員として採用されているという。白須容疑者は、2011年の5月から三原市議会の議長を務めていたが、今年4月の市議会議員選挙には出馬せず、引退していた。あっせん利得処罰法違反の疑いで逮捕された白須均容疑者と高田敏明容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているという。白須容疑者は、2011年度の11月中旬に高田容疑者から口利きの依頼を受けた疑いがもたれているが、三原市によると、この期間に行われていた採用試験には、一般事務職で101人が受験して合格者は9人で、倍率は11.2倍だったという。(RCC)

三原市議あっせん


10月23日、三原市の職員採用をめぐり、口利きをした見返りに知人から現金を受け取った三原市議会の元議長に対し、広島地方裁判所は、執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。判決によると、三原市議会の元議長白須均被告は、おととし、市の職員採用試験が実施された際、知人の高田敏明被告の依頼で受験者1人を採用するよう市の職員に働きかけ、見返りに現金300万円を受け取った。広島地裁の井野憲司裁判官は、白須被告の犯行を 「地方自治体の施策全般に対する社会的信頼を害した」と指摘。その一方で、反省の態度を示しているとして、懲役1年6か月執行猶予4年、それに追徴金200万円を言い渡した。また、高田被告には懲役10か月、執行猶予3年を言い渡した。(RCC)
関連記事

Comment

井上 勇です。
編集
井上 勇です。
こんにちは。
いつも、ブログを読ませていただいてます。
井上 勇でした。
また、読みに来ます。
2013年08月09日(Fri) 12:19












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL