広島県内の議員・首長の資産公開(2012年分)

7月1日に公開された2012年分の国会議員の所得報告書によると、公開対象の中国地方選出28人の平均は2058万円。8割近い22人が前年から増加した。みどりの風の亀井静香氏(広島6区)が5208万円でトップ。亀井氏は、国会議員全体では9番目に多く、前年比835万円増。顧問料などの報酬を受けている企業・団体が前年から一つ増えて四つになったことなどで雑所得が増えたという。2位は自民党の安倍晋三首相(山口4区)の3879万円。講演料といった雑所得の増や借地権の譲渡による所得もあり、1695万円増えた。同党の宮沢洋一氏(参院広島)の2978万円、同党の林芳正農相(参院山口)の2693万円と続いた。

広島、島根、鳥取3県の知事の平均は1661万円で、前年に比べ8万円増加した。所得は、広島県の湯崎英彦知事の1882万円が3県知事で最高額。鳥取県の平井伸治知事が9万円減の1766万。島根県の溝口善兵衛知事は25万円増の1335万円。5県議会の議長の平均所得は1476万円で4万円減少した。広島県議会の林正夫議長が2525万円で最多。山口県議会の柳居俊学議長が1663万円。政令指定都市では、11年4月の就任以来初めての所得公開となる広島市の松井一実市長は1939万円。岡山市の高谷茂男市長は9万円減の2907万円だった。

市町長の所得は、昨年4月1日以降の選挙で新人が当選した4市町を除く19市町が公開。県議の所得の平均は1480万円だった。首長の所得トップは竹原市の小坂政司市長で1764万円。福山市の羽田皓市長の1582万円、東広島市の蔵田義雄市長が1427万円。11年4月の市長選の公約に基づき、給与と期末手当の50%カットを続ける三次市の増田和俊市長の598万円が最も低い。県議は全64人が報告書を公開。11年8月から報酬のカット率を7.5%から5.0%に引き下げたことなどに伴い、平均所得は11年に比べ9万円増えた。広島市議は全52人が所得を公開し、平均は1387万円だった。(中国)
関連記事

Comment

昔々の話だけど
編集
三原市大和町の
田治米鉱泉所では庄原の「ピラミッドの水」を委託されて作っていたけど、一時期はわざわざ庄原から運んでいたけど、面倒だから自分の所の水を入れて、庄原のピラミッドの水、なんて販売していたけどね~あれはどうなの?
2013年07月10日(Wed) 21:27
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013年07月07日(Sun) 08:10
パチンコ&パチスロ必勝本WEBってなんだ?
編集
パチンコ&パチスロ必勝本WEBってなんだ?
2013年07月06日(Sat) 19:34
ネット誹謗中傷 シークレットサービスより
編集
ブログ、拝見させていただきました。

是非また拝見させていただきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。
2013年07月05日(Fri) 01:14












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL