広島市役所飲酒運転みんなで渡れば怖くない

6月4日、広島市は、市職員の飲酒運転が後を絶たない状況を受け、約1万1千人の全職員を対象に、普段の酒量や二日酔いの程度などを訪ねる面談調査を始めるという。アルコール依存度が重い職員には、日常的に公用車を使う職場からの配置換えを検討するという。松井市長は研修などで啓発してきたが結果に表れていないと嘆く。


「飲酒運転に関する個別面談内容」

・日ごろの酒量や頻度
・酔ったときの様子
・二日酔いでもハンドルを握るかどうか
・アルコール依存症などが分かれば産業医と相談して異動も検討
・自分の意思で酒をセーブできない職員については、家族に協力を呼び掛ける、等々
(中国)


たまに広島市役所に行くと、どうも酒臭いと思ったらそういう事だったのか。

広島市全職員を処分してもみんなで渡れば怖くない

広島市役所

広島市役所 慰霊
まさか、この献水も酒か?


【職員の飲酒面談開始】
7月30日、広島市は職員による飲酒運転の根絶に向け、約1万1千人の全職員を対象にした個別面談を始めた。8月末までに終え、アルコール依存度が高いと確認された職員には職場や家族ぐるみで対策を進めるという。市役所の相談室では、福利課の職員健康管理担当が、人事課が作った面談マニュアルに沿って、過去に飲酒運転をした経験があるか質問し、「ありません」と答えた職員に、摘発されれば懲戒免職になることなどをあらためて説明したという。約10分間の面談を終えた職員は、「飲酒運転は駄目だと当然思っていたが、上司に直接問われて認識を強くした」と話したという。面談で、過去の飲酒運転を認めた職員には強く戒め、理由を詳しく聞き取ったうえで、職場や家族の協力を得て防止策を話し合う。所属長が用いる面談用テキストはA4判で25ページ。2009年度以降に摘発された職員10人の状況を記し、職員に二日酔いにも注意するよう促すという。(中国)
関連記事

Comment

編集
松井市長ら(行政)からの手紙「賃貸借契約を交しなさい」=
厚生部藤本某松井市長らが、賃貸借契約は、私人間の 契約 に つき広島市役所に強要する権限はありませんが 「大山初子様は生活保護を受給されておられます賃貸借契約を交しなさい」と松井市長らは、不正受給者に加担し契約を強要している。

広島市松井市長らは、巨大な権力で、建物の所有者に、契約を 強要して
いる。強要罪刑法第223条(徹底した法の無視)

生活保護不正受給に加担「強要罪刑法223条・恐喝罪刑法222条 」

松井市長らは「大山初子様は、生活保護を受給されておられます大山初子様が居住されておられる住居の賃貸借契約を交しなさい」
(財産権の侵害 憲法29条1項)と、松井市長らが、賃貸借契約を、強要している。

受給者は、賃貸借契約書も 有していない、何ら 権原なく建物に居住する不法占有者 、直ちに建物を明け渡す義務があります。しかしながら 巨大な権力(松井市長ら)が「賃貸借契約を交しなさい」と 強要している、
相反して

建物の所有者は「不法に占拠している受給者らは所有者に対して物件目録記載の建物を明け渡せ・
不正受給者らは 滞納時から 明け渡し済み まで の 家賃相当額の 金員を 支払え」と強く希望している。

私人間には、憲法は、直接適用されることはありません。憲法の規定を、本来は、直接適用されない、私人間で、松井市長 ら が、適用させようとする、「 私人間効力 」

久留米運送 妻 (不正受給者)は、賃料不払(賃料支払債務の不履行)の まま 居座り続けている。

「賃貸借契約書もないのに如何して此処に居住しているのか ?」と
受給者に 聞いた、不正受給者は

「言 う 必 要 は な い !」との 居 直 り 恫 喝、
正 に 極道 の 世界 やること 全て、冷酷 かつ 浅慮

受給者も 保護費 を 与える者 ら も その罪を 問われても どこ吹く風 と はぐらかし すっ呆け 居直り と 徹底した 法の無視 倫理無視、

受給者 も、生活保護費 (住居扶助)など を 与える役人松井市長 も、極道者 の 恥知らず の 業

松井市長 ら が、受給者 に 加担して「賃貸借契約 を 交し な さ い」と強要している。市長 ら の、

他人の自由を奪う やり方(憲法 第21条 表現の自由の侵害)は、こわい!!「反論を唱える者は首を取る」実際は、
賃貸借契約書は 私人間の、契約につき松井市長らに、賃貸借契約を強制する権限はありません。市長らが、不正受給者(扶養可能な親族が存在する)に 加担 、岸田文雄氏が、口利 松井市長 や、岸田文雄氏は、早急に、建物明渡の義務を負う、不法占有者(債務者)を、

他人 の 建物 に 居住させて、建物の所有者を、日々 苦しめている、

「岸田文雄氏 の 無許可貼りポスタ- ・不正受給者 扶養可能な親族が存在・ 松井市長ら 「賃貸借契約を交しなさい」強要罪 ⇔ 三本の矢」
2013年06月10日(Mon) 03:32












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL