マツダの雇用制度は違法 元派遣13人を正社員と認定

実質的な雇用契約が存在したのに不当に雇い止めされたとしてマツダ防府工場の20~50代の元派遣社員15人が、マツダに地位確認などを求めた訴訟の判決で、山口地裁(山本善彦裁判長)は3月13日、原告13人を正社員と認めた。雇用が続いていた場合に支払われていたはずの賃金の支払いも命じた。判決は派遣社員を一時的に直接雇用する「サポート社員」制度について、労働者派遣法に違反すると判断した。15人中13人がこの制度の対象になっていた。15人は2003年以降に半年~5年7カ月、自動車製造ラインに従事。リーマン・ショックの影響で08年12月以降、派遣契約を打ち切られたり、期間満了により雇い止めされたりした。(産経)
関連記事

Comment

編集
マロックスはもっと酷いことしてます。
2013年03月13日(Wed) 22:17












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL