過疎と少子化で広島県内の小中学校が相次いで閉鎖

2012年度末で閉校となる広島県内の公立小中学校はが30校に上り、記録が残る1997年度末以降で最多となるという。内訳は小学校27校、中学校3校。過疎や少子化の影響で児童・生徒数が減少し、島や山間部の学校で統廃合が相次いでいる。小学校では三原市の11校が最多。久井・八幡、大和、沼北の3地域の計11校が廃止され、新設3校に統合される。北広島町では芸北、豊平両地区の計8校が廃止され、新設2校に統合。千代田地区で1校が廃止される。呉市は倉橋地区の3校を廃止され、新設1校に統合。尾道市は瀬戸田地区の2校、大竹市は阿多田島の学校を含む2校が廃止。中学校は、呉市で倉橋地区で2校が廃止され、新設1校に統合される。尾道市では瀬戸田地区の1校が廃止される。5月時点の県内の小学生の人数は、2012年度が15万6289人。第2次ベビーブーム後のピークだった1982年度の28万5573人からほぼ半減した。中学生も87年度の14万5362人から8万1299人に減少した。1997年~2011年度の閉校数は小学校158校、中学校21校。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL