広島国税局の税務署元副署長が勤務中に携帯電話で株取引

1月24日、広島国税局は50代の税務署元副署長が、勤務中に株取引をしていたとして、減給10分の1、1ヵ月の懲戒処分にしたと発表した。懲戒処分を受けたのは50代の税務署元副署長で、県内での勤務先などは明らかにされていないという。広島国税局によると、この元副署長は2008年1月から2012年2月にかけて、勤務時間中にも関わらず携帯電話を使って、あわせて900回もの株取り引きを行っていたという。元副署長は事実関係を認めているという。広島国税局管内では、2年前にも職員が勤務時間中に株取引などをしたとして、懲戒処分を受けていた。(TSS)

税務署の職員が忙しくしているのは、実は裏で株取引をやっていたからなのか。確かに税務申告の相談などやっているよりも、株取引の方が大事だ。これから税務署に行ったら職員に「最近儲かってますか?」と聞いてみよう。
関連記事

Comment

河村隆夫という名の広島西税務署副署長
編集
河村隆夫さんに退職金を出したりしてませんよね。
2016年07月27日(Wed) 12:10
編集
広島西税務署 副署長だった 河村隆夫
2015年01月16日(Fri) 16:31
編集
河村隆夫という名前。
2014年09月05日(Fri) 15:28
編集
河村隆夫という名前。
2014年09月05日(Fri) 15:27












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL