東広島市の中学2年生が公園のトイレ内で首をつって自殺

10月31日、広島県東広島市の中学2年の男子生徒(14)が、同市内の公園で首をつって死亡していたことが、東広島市教育委員会への取材で分かったという。市教委によると、10月29日午後7時20分頃、生徒が通う中学校近くの公園のトイレ内で首をつった状態で見つかった。病院に運ばれたが、死亡が確認された。遺書などは見つかっておらず、9月に同中学で実施したアンケートで生徒はいじめを受けていないと回答していた。市教委は自殺とみて原因を調べている。生徒は死亡当日、通常通り授業に出席。その後、美術の授業で使うカボチャを隠すいたずらをしたとして、所属する野球部の顧問から「部活に出なくていい」と指導を受け、午後5時45分頃、下校した。生徒が帰宅しないと学校に連絡があり、教諭が捜索、発見したという。(産経)

【関連記事】
弱い者いじめを得意とする陰湿な広島で小学生が首つり自殺を図る
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL