光市母子殺人犯罪者の命は尊いと広島6区国民新党亀井静香代表

2月22日、国民新党の亀井静香代表は記者会見で、山口県光市で起きた母子殺害事件で元少年の死刑が確定することに関し、「どんな犯罪者の命であっても尊い命であることには変わりない。それを国家権力が奪うことは、私としては許し難い」と、反対する見解を示したという。亀井氏は「死刑廃止を推進する議員連盟」の会長である。(時事)

亀井氏が光市母子殺害事件の元少年大月(旧姓福田)孝行被告を擁護したということは、広島第6区の住民も元少年を擁護したことになる。この時点で広島第6区の住民は本村さんの敵である。そして本村さんを非難する住民となる。


【広島県第6区】
三原市(旧本郷町・大和町域を除く)、尾道市(5区に属さない区域)、府中市、三次市、庄原市、世羅郡、神石郡


永田町
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL