被災地がれきは広島に持ってこい

東日本大震災の被災地で処理しきれない「がれき」を巡り、全国の自治体で、いったん受け入れを表明しながら、住民の反対で交渉が難航するケースが相次いでいるという。野田首相は「全国で分かち合う広域処理が不可欠」として、自治体へ協力を呼びかける方針だが、がれきの放射能を懸念する住民の説得が大きな課題。「安全と言われた原発がこうなった。国の安全基準など信用できない」「何かあったら責任を取れるのか」。神奈川県の黒岩祐治知事が1月から3回開催した住民説明会。横須賀市にある県の最終処分場の周辺住民らに理解を求める知事に、会場の反対派から怒号が飛んだ。2011年12月に受け入れを表明して以来、がれきの安全性を強調してきたが、話はかみ合わないままだという。静岡県島田市は2011年12月、岩手県の山田、大槌両町からの受け入れを明らかにした。しかし、健康不安や特産の茶への風評被害を懸念する声も大きく、正式表明を延期。桜井勝郎市長は「市の責任でやる」と、安全性を確認する試験溶融を2月16、17日に実施する。東京都は2011年5月、石原慎太郎知事が受け入れを表明し、民間業者などが計約2400トンを搬入し、13年度までに岩手、宮城両県の約50万トンを処理する計画。山形県は計4万8520トンを処理した。環境省は、がれき焼却灰を埋めた処分場の横で生活しても、住民が受ける放射線量は年0・01ミリ・シーベルト(一般公衆の年間線量限度の100分の1)以下と強調したパンフレットを作成。同省幹部は「客観的データを示して納得してもらうしかない」と話しているという。 (読売)

この被災地がれき処理について広島の態度ははっきりしていないが、広島は早急に被災地がれきを受け入れるべきだ。いつも人の批判ばかりする広島県民が全国から評価されるにはこれしかない。がれきを埋める場所は、まず旧市民球場跡地だ。あの3月11日の忌まわしい悲惨な遺物を広島市の中心地に、地中深く埋葬するのだ。これで平和大通りを挟んで北側に放射性物質を含んだ被災地がれき、南側には放射能に汚染されていた原爆ドーム、元安川の底には放射能汚染された瓦、最高のシチュエーションだ。これを広島が実行すれば永代に渡り、語り尽くされるだろう。旧市民球場跡地に何ができるか分からないが、地中にがれきが埋葬されていたとしても、放射能慣れしているから、嫌がる広島市民はいないはずだ。そして記念碑をつくろう。あとは山へ運ぶのだ。 広島には意外と土地が余っている。広島の観光名所は原爆ドームと宮島だが、いずれも広島市内にしかない。県東部や県北部には観光名所がない。温泉もほとんどない。何もないのだ。繰り返すが、広島県民は放射能に慣れており、違和感があまりない。これをビビッて拒否しているようでは、軟弱広島と烙印を押されてしまう。

広島では、人の嫌がることを引き受けたとき、周囲の人は「あの人が世話しちゃったんよ。ようやっちゃったねぇ(ようやりんさった)」と言う。広島はくだらない反核・反原発運動はもういいから、今、本物の世話をする時が来たと認識すべきだ。

旧広島市民球場
関連記事

Comment

編集
国の安全基準の根拠が示されていません。世界基準で震災前まで100ベクレル以上が危険物扱いだったものが何の説明なしに8000ベクレルまで大丈夫と言われても誰が信じます?
静岡茶は風評被害でフランスから蹴られたと思いでしょうか?風評ではありません、数値に出ている実害ですよ。
私も被災地に住んでいますが自分の土地の物は食べません。なるべく西の安全な物が食べたい。
全国に汚染拡散させて被災者が喜ぶと本気でお考えでしょうか?
放射能事故の原則はなるべくコンパクトにまとめて外に漏らさない管理です。燃焼処理は大気に撒かれ濃縮された焼却灰という更なる重要な被害が懸念されます。
逆に現地処理すれば拡散を食い止められるだけでなく現地に数万人もの雇用と莫大な金が落ちます。
私が求めるのは安全な食品と雇用です。国や電通に流された感情論など欲しくはありません。
2012年04月01日(Sun) 17:48












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL