広島の淋しがり屋男が警察と消防に178回いたずら電話

大晦日から元日にかけて警察や消防に約180回ものいたずら電話をかけ、業務を妨害した疑いで無職の男が逮捕された。広島市西区上天満町の無職・長谷川修容疑者(52)は、去年の大晦日から今年の元日にかけて、約7時間半の間に「ずっとかけるけーの」などと警察や消防に合わせて178回のいたずら電話をかけた疑い。警察によると、長谷川容疑者は犯行当時、酒を飲んでいて、「警察や消防なら自分の相手をしてくれると思った」と話すなど容疑を認めているという。長谷川容疑者は電話で出動した救急隊員の腕を引っ張りマスクをはぎとった疑いで元日に現行犯逮捕されている。(HOME)

警察や消防に相手をさせると、緊急災害・事件時に困る。おすすめは、ペットを飼って話かけるか、自分の顔の前に鏡を置いてしゃべる方法が良いだろう。

【関連記事】
コンロが燃えたと嘘の119番通報を800回した72歳の広島の男
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL