広島県内で校内暴力が増加するのはアホな親の責任

8月8日、広島県教委は公立学校の児童、生徒が2010年度に起こした問題行動の調査結果(速報)を公表した。学校内外での暴力行為は1543件で4年連続の増加となったという。うち小学生は統計を取り始めた1997年度以降で最多となり、低年齢化が進む傾向がみられる。暴力行為は前年度比で10.1%増。内訳は、生徒間903件(前年度比2.3%減)、対教師349件(75.4%増)、器物損壊245件(4.7%増)、地域住民など46件(2.2%増)となっている。教師への暴力の増加が際だつ。県教委によると、授業中に寝たり、廊下を立ち歩いたりして注意されたことがきっかけとなるケースが大半という。県教委は「感情をコントロールできず、突然『キレる』児童生徒が増えた」と分析。校長会などを通じて指導を徹底するとともに、県警など関係機関との連携を強化する。小中高校別では、小学校が1.2%増の247件、中学校は12.8%増の1068件、高校は8.1%増の228件。小学校は3年連続、中学校は4年連続で増えた。高校は3年ぶりに増加した。(中国新聞)


広島県内の公立小中高生による暴力行為の発生件数の推移
(県教委調べ)

広島県校内暴力件数
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL