広島原爆投下 活かされなかった極秘情報と出されなかった空襲警報

昭和20年8月6日、北マリアナ諸島テニアン島の旧ノースフィールド飛行場(テニアン島はかつて日本軍の拠点だったが昭和19年8月にアメリカ軍に占領された)で、原爆攻撃部隊隊員による特殊攻撃の準備を進めていた。原爆投下はまったく想定外の奇襲攻撃だとされていたが、実際は日本の諜報部隊が、アメリカ軍が発信する電波を傍受し、原爆投下をめぐる動きを事前に察知していたという。日本陸軍は危機が迫っていると知りながら何も手が打たれなかった。広島では空襲警報も出されなかった。原爆投下の情報がありながら、なぜそれが活かされなかったのか。

東京の杉並区に大正時代に建てられた老人ホームを隠れ蓑に、昭和20年春から陸軍特種情報部が置かれ、諜報活動を開始した。諜報部隊は、原爆投下の2ヵ月前からテニアン島で活動を始めた特殊任務機(B29)の追跡を開始した。(陸軍特種情報部とは敵国に対する諜報活動を専門とする部隊で参謀本部直属部隊)

本土防衛のためにどの様にしてB29の動きをつかむのか、特種情報部は100人以上動員し、24時間体制で臨んでいた。傍受していたのはB29が発信するモールス信号である。基地などと連絡をとりあうが、そのほとんどが暗号化されていたため、解読が困難だった。しかし信号の冒頭に暗号化されていない短い信号(コールサイン)があった。発信者が誰なのかを知らせる符号である。コールサインの多くは太平洋北マリアナ諸島から発信されていたが、特種情報部は、ある特徴に気づいたという。それは島ごとにコールサインが決まっていたことだった。サイパン島から出撃するB29はV400番台、グアム島はV500番台、テニアン島はV700番台だった。コールサインを傍受すれば、いつどの島から何機のB29が飛び立ったのかが分かった。追跡を続ければどこに空襲に向かっているかが予測できた。

昭和20年6月、特種情報部は、これまで聞いたことのない謎のV600番台のコールサインを傍受した。発信元はテニアン島だった。V700番台を使っていたテニアン島にV600番台を使う新たなB29の部隊が現れた。(第509混成群団)

「聞いていたのは、新しい爆弾が開発され、それが戦争を終結させるということだけです」(B29乗組員ラッセル・ガッケンバック元少尉)

参謀本部の堀栄三陸軍少佐は、機密情報を全て知る人物で、特種情報部から上がってきた諜報記録を分析し、上層部に伝えることが任務だった。「600番台のコールサインを持つ部隊は正体不明の部隊である」「その番号を丹念に拾ってみると12~13機しかない」「今までの戦隊は100機あったのですからこれはおかしい。それを一生懸命追いかけていた」(堀栄三少佐)

堀栄三少佐は、少数で行動する部隊の異状さに気づいていた。この情報は参謀本部の上層部まで伝えられた。しかし、この時には堀少佐はまだ原爆投下のものだとは分からなかったという。

この頃陸軍は、米国が原爆開発を進めていた事実を早くから知っていた。昭和18年春、陸軍大臣の東条英樹大将(当時)は兵器開発担当幹部に、「原子爆弾は特にアメリカの研究が相当進んでいるという情報。この開発は戦争の死命を制することになるかもしれない」「原子爆弾の開発を航空本部が中心になって促進をはかれ」と伝えた。

理化学研究所では、仁科博士を中心としてウラン化合物の開発を進めていた。福島県石川町では、ウランの採掘が進められていたが、昭和20年6月、陸軍は相次ぐ空襲や資材不足で研究を続けられなくなり、仁科博士に託した原爆開発を断念する。ところが陸軍が作成した報告書には「放射性ウランの分離が不可能となる。アメリカ側に於いても為し得ざるものと判明」と報告され、アメリカも出来ないと決めつけていた。

昭和20年7月16日、アメリカ軍はニューメキシコ州で人類史上初めての原爆実験に成功。この情報は断片的にも参謀本部に伝わっていたが原爆だと認める人間は一人もいなかったという。「爆発威力の強大な新兵器の実験が行われたという報道はこれを得ている。しかしそれが原子爆弾であることは、誰も想像しなかった」(林三郎大佐)

昭和20年8月6日午前3時、陸軍特種情報部はV600番台のコールサインを傍受した。特殊任務機が日本に向かっているという情報が、参謀本部の堀栄三少佐の元に入った。

「8月6日に短いコールサインを出した。その電波はワシントン向けだった」「それでもこちらはまだわからない。どういう電波やら中身は全然わからない」「それから、硫黄島の米軍基地に対して無線電話で『我ら目標に進行中』と出している」(堀栄三少佐)

ガッケンバック元少尉は、「特別な爆弾を投下するその日がついにやってきた」「ターゲットは順番に広島、小倉、長崎」と上官から告げられた。

この頃、B29の大編隊が広島の周辺都市(西宮、今治、宇部)に次々と来襲していた。広島城に置かれた中国地方の軍司令部は警戒を強めていた。空襲の情報を事前につかんでいた東京の参謀本部は、各地の司令部に連絡し、空襲警報を発令していた。(広島の司令部は空襲に備えて地下壕にあった)

8月6日7時20分頃、一機のB29が豊後水道から広島に入ってきた。「豊後水道から来た飛行機が電波を出したらそれはだいたい気象偵察である」(堀栄三少佐)

アメリカ軍の原爆投下作戦司令部による「原爆攻撃の命令書」によると、「まず気象偵察機が飛び、V675のコールサインを使って後に続くエノラゲイに報告する」と指示している。

「これが広島の上空を通ってまた短い電波を出した」「これがやっぱり600番台です」「これはただごとではない」「これは特殊任務機が近づいてきたと分かってきたわけです」(堀栄三少佐)

しかしこの情報は、参謀本部から広島の司令部に伝えられなかった。気象偵察機が何事もなく通り過ぎていったため、後から特殊任務機(エノラゲイ)が迫っていることを知らないまま、司令部は警戒態勢を解除した。そして原爆を搭載したエノラゲイが広島の上空に入る。

「広島の上空で何の攻撃も受けませんでしたし、戦闘機も見ませんでした」(ガッケンバック元少尉)

午前8時15分、原子爆弾炸裂

空襲警報が出されなかった広島。なぜ軍の上層部は特殊任務機の情報を広島に伝えなかったのか、その真相は今でも分かっていないという。

「自分たちが上げた情報が上官によって活かされなかった」「これだけ日本が攻められてきているのに判断が鈍いということが分かっているけれど、参謀本部の他の方々には通じなかった」(長谷川良治特種情報部元少尉)

8月7日、広島が壊滅の知らせを受けても陸軍はそれが原子爆弾だとは認めようとしなかった。東郷茂徳外務大臣は事実の確認を迫る。陸軍幹部は、「アメリカでは原子爆弾とか言っているが、それは非常に強い普通の爆弾と思われる」と答えている。しかし参謀本部では、広島に投下されたものは原子爆弾であることを内部では認めていた。(NHKスペシャル)

エノラゲイ
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL