三原市の不動産会社で3人が包丁で刺される

7月20日午後5時50分頃、広島県三原市宮沖の不動産会社で、この会社を経営する棟久美穂子さん(78)と共同経営者の木村英和さん(71)、さらに一緒にいた同市皆実、黒瀬芳江さん(63)の3人が包丁で刺されたと119番があった。3人は病院に運ばれたが、棟久さんと黒瀬さんはまもなく死亡した。木村さんも重傷。三原署員が駆けつけたところ、黒瀬さんの長男の無職和政容疑者(36)が刺したことを認めたため、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。和政容疑者は、自分の腹も数ヶ所刺して重傷を負っており、同署はいったん釈放して入院させ、回復後、殺人容疑で調べる。捜査関係者によると、現場に包丁2本が落ちていた。黒瀬さんは不動産の管理を棟久さんの会社に委託しており、事件の30分前から同社を訪れていた。和政容疑者は同社に入ると、いきなり黒瀬さんを刺し、止めに入った木村さんと棟久さんも刺したという。(読売)


三原市宮沖

三原市宮沖

黒瀬和政

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL