やっと議場に国旗と広島市旗を掲揚する決議案が可決される

広島市議会は6月30日の本会議で、議場に国旗と市旗を掲揚する議員提出の決議案を、保守系会派や公明党などの賛成多数で可決した。議会事務局によると、戦後、議場に国旗を掲げた記録はないという。議案を提出した保守系会派の山田春男市議は「国際社会で友好・平和を築くために、国家や国民が国旗と国歌に敬意を表することは当然だ」と説明した。別の保守系会派は「議論が不十分」、共産党は「侵略戦争の旗印として使われた」などとして反対した。掲揚の具体的な時期や場所について、議会事務局は「各会派の代表者間で話し合って決めてもらいたい」としている。(産経)


~日の丸で厄除け~
国旗

広島市旗

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL