いじめの極致 広島少年院暴行「これを吸ったら死ねるぞ」2審も有罪

広島少年院(広島県東広島市)で収容中の少年に暴行を加えたとして、特別公務員暴行陵虐罪に問われた元首席専門官、向井義被告(49)の控訴審判決公判が6月30日、広島高裁で開かれ、竹田隆裁判長は懲役10月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)とした1審広島地裁判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。地裁判決は一連の行為が指導目的だったと認める一方、「少年に強い精神的苦痛を与えた度を越した内容」と指摘。控訴審で弁護側は「少年に死の意味を理解させるための指導で、恐怖を与えることが目的ではなかった」などとして無罪を主張、検察側は控訴棄却を求めていた。1審判決によると、向井被告は平成17年9月、少年の首にシーツを巻き付け、自分で首を絞めるように言ったうえ、遺書を書くよう迫ったほか、ポリ袋の中で洗剤を混ぜ、少年の顔に近づけて「これを吸ったら死ねるぞ」と言うなどした。事件では、向井被告のほか元法務教官4人が同罪で起訴され、いずれも有罪判決が確定している。(産経)


【元首席専門官の有罪確定】
最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は平成25年2月21日までに、広島少年院で平成17年、収容中の少年に暴行したとして特別公務員暴行陵虐罪に問われた元首席専門官向井義被告(51)=起訴休職中=の上告を棄却する決定をした。懲役10月、執行猶予3年の一、二審判決が確定する。2月19日付。被告側は無罪を主張したが、一審広島地裁は「矯正教育として許される範囲を逸脱している」と指摘。一方で「指導の行き過ぎと評価するのが妥当」との見方を示し、被告が矯正教育に長年携わり、実績を積んできた点を考慮して、刑の執行を猶予した。二審広島高裁も支持した。(産経)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL