車社会広島でアストラムライン延長計画見直し

広島市は6月28日、利用者の伸び悩みで厳しい経営が続いているアストラムラインの延伸計画について、見直す考えを明らかにしたとう。「アストラムライン延伸計画のあり方も含め、会社経営全般について検討を行う」(広島市道路交通局 高井局長)これは市議会建設委員会で広島市が明らかにしたもの。1999年に広島市が発表したアストラムラインの延伸計画では、第一期として2015年頃までに広域公園駅〜JR西広島駅までの6.2キロを延伸するというもの。しかし、利用客が目標の6万9千人を下回る5万人と低迷。さらに、借入金も昨年度末現在347億円に上り、今後、車両の更新などにおよそ200億円が必要。広島市ではアストラムラインの経営が市の財政に与える影響が大きくなると判断し、延伸計画を見直すことにした。(RCC)

アストラム
関連記事

Comment

編集
It's plain to see that the high fare keeps many passengers away from the Astramline.
わかり切ったことやないか。
2013年01月27日(Sun) 08:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL