広島カープがソフトバンクに4連敗して3年連続日本一を逃がす

11月3日に行われた日本シリーズ第6戦(マツダスタジアム)は、広島0―2ソフトバンクで、ソフトバンクが2年連続9度目の日本一に輝いた。先制点はソフトバンクが3回にスクイズを決め、さらに5回2死にはグラシアルが左越え1号ソロホームランでリードを広げた。ソフトバンクは対戦成績を4勝1敗1分けとして4連勝で日本シリーズを制した。ソフトバンクはリーグ2位からチーム初の下克上を果たした。広島カープはズルズルと悪夢の4連敗となった。



2018年日本シリーズ 広島カープ0-2 ソフトバンク


この日の試合で、崖っぷちに弱いと言われる広島カープはほとんど良いところが無かった。特にソフトバンクの甲斐拓也捕手(別名・甲斐キャノン)が、ここまで4連続盗塁阻止を記録していたが、初回、2回と2イニング連続で広島カープの盗塁を阻止した。

広島は何としても盗塁を成功させて、試合の流れを変えたかったのだろうが、機動力を完璧に封じ込まれた。初回の一塁走者・田中を封じ、さらに2回の一塁走者・安部を刺し、今シリーズ6連続盗塁刺となった。いこじになった広島は裏目に出てしまった。

広島の打線はソフトバンクのピッチャーを打ち崩すことが出来ず、貧打そのもので、まるで2年前の日本ハム戦を思い出してしまうほどだ。特に気になったのが丸選手だが、第5戦でやっとホームランを打って調子を取り戻したかに見えたが、第6戦ではバットとボールの間が10センチ以上空いているように見えた。ソフトバンクのピッチャーが優秀なんだろう。



2018年日本シリーズ 広島カープ 丸選手


さらに気になったのが、ヘルウェグ投手だ。このシリーズでソフトバンクのバッター2人に対してデッドボールを与えている。こんな大事な試合で狙ったようなデッドボールを投げているようでは、広島カープはまだまだ日本一のチームになったらダメだと思った。


セ・リーグで3連覇した機動力が持ち味と言われる広島カープが、ソフトバンクに完全に抑え込まれた今年の日本シリーズ。パ・リーグ球団が日本一に輝くのは6年連続で1989年から30回行われた平成の日本シリーズは、パが18回、セが12回の優勝となっている。果たして広島カープが日本一になる日は来るのだろうか。




マツダスタジアム 夜景

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ