「はっさく大福」の柑橘屋、またしても賃金不払いで書類送検

11月1日、広島中央労働基準監督署は三原市糸崎の和菓子メーカー「柑橘屋」と同社社長男性(60)、経営責任者男性(54)を労働基準法違反(賃金不払い)などの疑いで書類送検した。書類送検容疑は、同社広島営業所(広島市南区)の従業員7人に対し、2016年9月~17年4月、毎月の給料日に所定の賃金計約300万円を支払わなかった疑い。同社と2人は17年1月、本店の従業員18人に県最低賃金以上の賃金を支払わなかったとして三原労基署から最低賃金法違反(賃金不払い)などの疑いで書類送検されている。(中国)


「火曜サプライズ」で紹介された広島の柑橘屋が賃金不払いで書類送検されていた


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ