呉の住宅で女性が上半身から流血して死亡、殺人事件として捜査開始

10月30日午前9時10分ごろ、広島県呉市広多賀谷1丁目の住宅から、男性の声で「台所で妻が倒れており、意識も呼吸もない」と119番通報があった。消防と警察が現場に駆けつけたところ、高齢の女性が上半身から血を流して倒れており、まもなく死亡が確認された。県警は殺人事件とみて捜査を始めた。県警などによると、女性はこの家の70代の住人とみられ、夫と2人暮らしという。現場はJR呉駅から東に約5キロの住宅街。(朝日)


78歳女性死亡 胸に刃物で刺された傷

10月30日午前、呉市の住宅で78歳の女性が血を流して死亡しているのが見つかり、警察は胸に刃物のようなもので刺された傷があることから殺人事件として捜査を始めた。30日午前9時すぎ、呉市広多賀谷の住宅で「女性が倒れていて意識や呼吸がない」とこの家を訪ねた近所の男性から消防に通報があった。

消防や警察が現場に駆けつけたところ、1階の台所でこの家に住む会社役員の神垣雅子さん(78)が血を流して倒れているのが見つかり、死亡が確認された。警察は神垣さんの胸に刃物のようなもので刺された傷があることから、殺人事件として捜査を始めた。

警察によると、近所の男性が訪ねた際、玄関の鍵はかけられておらず、室内に荒らされたような跡はなかったという。神垣さんは70代の夫と2人で暮らしていて、夫は病気で寝たきりの状態で、当時2階の部屋にいたという。

現場はJR呉線の新広駅から200メートルほど南側の川沿いにある住宅で、警察は現場の状況を詳しく調べるとともに付近で不審な人物が目撃されていないか聞き込みなどを進めている。

現場近くに住む地区の自治会長を務める男性は「トラブルに巻き込まれるような人ではありませんでした。顔を合わせると必ず向こうから挨拶してくれるしっかりとした女性でした。旦那さんの介護のためか、最近自治会の行事には参加できていませんでした」と話していた。

また、近くに住む80代の女性は「あまり付き合いは深くありませんが、道で会えば挨拶をしていました。事件が起きて怖いです」と話していた。

近くに住む21歳の男性は「けさの5時まで起きていましたが、物音などはしませんでした。ふだん何もないところなので怖いです」と話していた。(NHK広島)




呉市広多賀谷 神垣さん


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ