福山駅近くの交差点で路線バスと自転車が衝突、手をひかれ重傷

10月16日朝、JR福山駅近くの市道の交差点で、路線バスと自転車が衝突する事故があり、自転車の男性が左手をひかれ重傷を負った。事故があったのは、広島県福山市東桜町の宮通り口交差点。警察によると、午前7時40分ころ、交差点に南から進入した路線バスと、西向きに走ってきた自転車が衝突した。

自転車に乗っていた61歳の作業員の男性が、左手をひかれ重傷。路線バスは、尾道市因島から福山駅に向かう途中で、乗客や運転手にけがはなかった。警察は、バスのドライブレコーダーを回収し、事故当時の信号の状況を確認するなど、事故の原因を調べている。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ