原爆ドーム&平和記念公園3カ所で黒いスプレーの落書きが見つかる

10月15日、広島市中区の世界遺産・原爆ドームそばの石のベンチなど平和記念公園内の3カ所で、黒いスプレーのようなもので書かれた落書きが見つかった。広島中央署は器物損壊の疑いで捜査を始めた。

市などによると、ベンチの落書きは直線と曲線が交差した模様で、約30〜40センチ四方だった。他に見つかったのは、韓国人原爆犠牲者慰霊碑近くのごみ集積場の扉と免震工事中の原爆資料館本館を囲むフェンス。アルファベットや数字を組み合わせたようなものが書かれていた。

15日午前6時15分ごろ、警備員がごみ集積場の扉の落書きを見つけ、市に連絡。その後、他の場所でも見つかった。14日午後10時に警備員が巡回した際は確認されていないという。市は午後10時以降に書かれたとみている。

同公園では2012年9月、原爆慰霊碑が赤いスプレーで落書きされた。(中国)



平和記念公園 原爆ドーム 落書き


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ