台風25号の強風で平和記念公園の大木が倒れる

10月6日、大型で強い台風25号の接近に伴い、広島県は昼前ごろから強い風が吹き始め、各地で倒木などの被害や交通機関に影響が出た。広島市によると、6日正午過ぎ、平和公園にいた男性から「大木が倒れている」と通報を受けた。職員が現場に駆け付けたところ、公園にある高さ約15mの”ニワウルシ”の樹木が根元から折れ通路を塞ぐように倒れているのが確認された。ケガ人はいなかった。公園の管理人によると、樹木は昨日時点では、特に異常は見つかっていなかったという。(TSS)




平和記念公園 大木倒れる

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ