広島カープ球団初の3連覇!本当に強いのか

9月26日、プロ野球、広島対ヤクルト(マツダスタジアム)は、広島10-0ヤクルトで、広島が球団初のリーグ3連覇を本拠地マツダスタジアムで決めた。3連覇は過去、セ・リーグでは巨人しか達成していなかった。

16年のリーグ優勝は東京ドーム、17年は甲子園だったが、念願の地元Vは実に27年ぶりとなった。緒方監督は9度の胴上げ、「新井コール」とともに今季限りで引退を表明している新井も6度宙を舞った。

前日までの横浜DeNA戦に対しては2連敗だったが、この日は17安打10得点の猛攻だった。投げては九里と中崎の完封リレーで締めた。

今年は波乱のシーズンだった。7月の西日本豪雨で広島県内は甚大な被害を受けた。直後、カープは7月9日から予定されていた本拠地マツダスタジアムでの阪神3連戦の中止を決定。

その後の戦いも平らな道のりではなかった。トップバッターの田中選手は打撃不振に苦しみ、8月中旬からV直前まで下位打線に回っていた。菊池選手も7月下旬にスタメンを外れ、8月4日には8番に打順を下げたこともあった。丸選手は右足を痛め4月下旬から5月下旬まで離脱。昨年8月に右足首を負傷した鈴木選手は、今季開幕直後に下半身の張りで出場選手登録の抹消を経験した。

そんな状況の中、何とかセ・リーグで優勝した。そして次の目標はCSを迎えての日本一だが、今の広島カープは強いのか弱いのか、よく分からない。果たして3度目の正直で頂点に立つ事ができるのだろうか。




広島カープ3連覇

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

三連覇って八百長くせぇ!
これから広島県で何か致命的な悪い事が起きるんじゃないの?
カープをプロ球団にしたのはCIAらしいね。

2018/09/27 (Thu) 00:46 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ