福山市職員が飲酒運転で現行犯逮捕&柳井地区の消防士長が盗撮で現行犯逮捕

9月21日夜、府中市の市道で酒を飲んで車を運転したとして福山市の職員が現行犯逮捕された。酒気帯び運転で現行犯逮捕されたのは、福山市環境部の技術員轟雅美容疑者。警察によると、21日午後10時過ぎ、府中市元町の市道で検問を行っていたところ、軽自動車を運転していた轟容疑者の呼気から基準値の2.6倍となる、1リットル当たり0.4ミリグラムのアルコールを検出した。調べに対し、轟容疑者は「お酒を飲んだ後ある程度時間が経ってアルコールが分解したと思って運転した」と話しているという。

一方、広島市では、ディスカウントストアで女性のワンピースの下にスマートフォンを差し入れたとして山口県柳井地区広域消防組合の消防士長、内田尭之容疑者が県迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されている。(TSS)



福山市職員 飲酒運転

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ