尾道「千光寺公園リニューアル工事」設計事務所を提訴

尾道市の千光寺公園の展望台建て替えなどの頂上エリアリニューアル事業を巡り、市は設計業務を委託していた石上純也建築設計事務所(東京都)に対し、委託料の一部返還と違約金の支払いを求める訴訟を起こす方針を固めたという。市議会は9月19日の本会議で、提訴についての議案を可決した。

市は、完成した設計図が2017年12月28日の期限までに提出されなかったと主張。17年度分の前払金720万円の返還と、違約金321万円の支払いを求めたが支払われていないとしている。広島地裁尾道支部に提訴する方針。

事務所側は、設計図は実質的に期限内に完成していたとし、契約解除は無効と主張。「誠実に業務を履行してきたが、理由なく一方的に解除された」と訴え、見解は対立している。(中国)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ