マツダスタジアムで広島ファンが乱入!カメラマン席上の屋根に乗って抗議&逮捕

9月6日、マツダスタジアムで行われた広島対阪神戦で、広島・岡田明丈投手(24)が、0-1の5回に7安打5失点の大炎上した。先頭の糸原に二塁内野安打、一死後、福留に中前打で一、二塁とされて糸井に右前適時打を浴びて追加点を献上。さらに陽川、大山、俊介に連打を浴び、4点を失った。

右腕のふがいない投球に怒り狂ったオールドカープファンが、一般ファンが立ち入り禁止のエリアである一塁ベンチ側のカメラマン席上の屋根に乗って抗議をしたため、試合が一時中断するハプニングがあった。(サンスポ)


【男を現行犯逮捕】

9月6日夜、マツダスタジアムで行われたカープの試合中にカメラマン席に侵入し大声を張り上げるなどして試合を中断させた観客の男が、威力業務妨害で現行犯逮捕された。威力業務妨害で現行犯逮捕されたのは岡山県笠岡市の自営業の男(65)。

男は6日夜、マツダスタジアムで行われたカープ対タイガースの試合中にカメラマン席に侵入し、大声を上げるなどして試合を一時中断させた。6日の試合でカープはタイガースにリードを許していて、調べに対して男はカープが「ピッチャーを変えないことに腹が立っていた」などと話している。男は当時、酒を飲んでいたという。(TSS)



乱入広島カープファン 

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ