「ピカの村」川内村最後の妻が亡くなる

原爆に夫を奪われた70人以上の妻が戦後を生き抜いたことで知られる広島県川内村(現在の広島市安佐南区川内地区)で、残された妻のうち、最後の1人だった野村マサ子さん(97)が8月31日に亡くなったという。

川内村では1945年8月6日、国に命じられ、国民義勇隊として爆心地付近の建物疎開作業に動員されていた住民約200人が全滅した。

村が畑作地帯だったため、残された妻たちの多くは戦後、農業で生計を立てた。市郊外にありながら多くの遺族が苦難を強いられ、川内村は「ピカの村」とも呼ばれた。

野村さんは、義勇隊の一員だった夫を亡くした当時は24歳で、自らも入市被爆した。

戦後は田畑を耕しながら1人娘を育て上げた。その証言は庄原市出身の民族学者、故神田三亀男氏が著した「原爆に夫を奪われて」(82年)にも収録されている。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ