東広島市で会社員が派遣社員に切りつけられる

9月3日午後8時35分ごろ、東広島市西条町寺家の路上で「人が刺されている」と110番があった。東広島署員が駆け付けると、近くの会社員男性(43)が切りつけられていた。同署は通行人らに取り押さえられていた自称派遣社員の男(23)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。

東広島署によると、2人に面識はないという。男性は額や左肩を包丁のようなもので切られていたが、命に別状はないもよう。

同署の調べに、男は「むしゃくしゃしてやった」と切りつけたことを認めているという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ