JR尾道駅近くの線路上で学生が列車にはねられ即死

8月30日朝、JR山陽線尾道駅付近の線路上で、上り列車が学生とみられる男性をはねた。男性は現場でまもなく死亡が確認された。午前8時40分頃、JR山陽線尾道駅付近の線路内で、「列車が人をはねた」とJR西日本から警察へ通報があった。

はねられた男性はまもなく死亡が確認されたが、制服を身に着けていたことから学生の可能性もあるとみて、警察が身元の確認を急いでいる。車内には乗客と乗員182人が乗っていたが、ケガはなかった。

この事故の影響で、山陽線は8時34分頃から尾道ー糸崎駅間で運転を見合わせていたが、午前10時過ぎに上下線とも運転を再開している。(TSS)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ