宇品の川に人が浮いているのが見つかる

8月28日午後1時55分ごろ、広島市南区宇品西2丁目で「川に人が浮いている」と通行人から110番があった。県警から通報を受けた市消防局が女性の遺体を引き揚げた。広島南署が身元の確認を進めている。同署によると、女性は30〜50代とみられ、青いチェック柄の長袖シャツにジーパン姿。合皮の黒い靴を履いていた。遺体に目立った外傷はなく、着衣の乱れもなかった。現場は宇品橋から約300メートル下流の京橋川と元安川の合流地点。(中国)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ