騙されるな、広島県職員OBによる執拗な言い掛かり

広島県内には、外郭団体や公益法人などに、退職した広島県職員が再就職して居座っているケースが良くある。そして、その団体には、お抱えの業者が多数いる。当然、公益法人であっても、長年、指定業者の担当者と蜜月になり、人間関係もそれなりになる。

それで、仕事などでこの指定業者が不快な目に遭うと、その外郭団体の蜜月な担当者に連絡をする。問題は、業者の担当者が女の場合、非常に面倒になる。そう、本人の言動に問題があるにも関わらず、自分が被害者だと言うのだ。「被害者ズラ」とはこのことだ。

例えば、業者の態度が悪いと注意・指摘すると、その女担当者はすぐに「いじめられた」と言って、外郭団体の担当者に連絡する。まさに広島女らしい陰湿な女々しさだ。

外郭団体の担当者は血相を変えて文句を言うが、それがクレーマーの如く言い掛かりを付けてくる。それは非常に問題のあるひどい態度である。

傲慢な元広島県職員だけあって、この執拗な言い掛かりは、仕事の出来ない業者の女をかばっているだけの、ただの女たらしのようだ。

日頃、事務員の女どもと、ニタニタといやらしい顏をして過ごしているのが手に取るように分かる。

そんな、一方的な言い掛かりに対しては、毅然とした態度で臨むことが必要だ。時には声を大にして罵ることも必要だ。そうしなければ、彼らの傲慢な態度は改善されない。ケンカは大いに必要だ。

今、広島県内では、災害復興とか平和記念式典などでもてはやされているが、騙されてはいけない。広島人の本質を見極め、横柄で傲慢かつへんくつな広島県職員OBとは徹底的に戦うことが重要だ。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ