パトカーが2人乗りバイクを追跡 400メートル逃走して転倒した間抜け

8月2日午前3時半ごろ、広島市安佐南区伴東7丁目の市道で、安佐南署のパトカーに追跡されていた2人乗りのバイクが転倒した。バイクを運転していた同区の専門学校生(18)と、同乗の同区の大学生(18)にけがはなかった。同署によると、パトロール中の署員が2人乗りをしているバイクを発見。停止を求めたが従わなかったため追跡した。バイクは約400メートル走った後、スリップして転倒した。同署は道交法違反(初心運転者の2人乗り禁止)の疑いで調べでいる。境田俊久次長は「妥当な追跡だった」としている。(中国)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ