外国人技能実習生7割の事業所で労働法違反

広島労働局が県内で外国人技能実習生を雇用する事業所を調べたところ、およそ7割が労働関係の法令に違反していたことが分かった。広島労働局が去年1年間に県内の事業所で調査などを行った結果、378事業所のうちおよそ7割に当たる261の事業所で労働関係の法令に違反していたことが分かった。

最も多かったのは労働時間の超過で104件、設備や作業方法による危険の防止をしていない安全基準の違反が87件あった。また、賃金から寮費や光熱費を同意なく差し引いていたり、定められた最低賃金を支払っていなかった違反もあったという。労働局は違反に対して指導を行っていくとともに、悪質なものは書類送検をするなど厳正に対応するとしている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ