台風12号が東から西へ進行する異例のルートで被災地直撃の模様

強い台風12号について、気象庁は7月28日午前11時から臨時の会見を行い、東日本では7月29日朝まで、豪雨の被災地を含む西日本では7月28日夜遅くから30日にかけて大雨が降る恐れがあるとして厳重な警戒を呼びかけた。

「東日本では29日朝にかけて、先日の豪雨による被災地を含む西日本では28日夜遅くから30日にかけて、ところによっては非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨となる見込みです」(気象庁天気相談所・桜井美菜子所長)

気象庁によると、29日の昼までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、関東甲信と東海で400ミリ、四国で300ミリ、30日の昼までの24時間に予想される雨量は、西日本の広い範囲で100ミリから300ミリとなっている。

気象庁は、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風、うねりを伴う高波、高潮に厳重に警戒するよう呼びかけるとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だとしている。

気象庁はまた、台風12号の接近によって、今後、特別警報を発表する可能性については「具体的に言及できない」として、特別警報の発表の有無にかかわらず、気象庁が発表する気象情報に注意するとともに、市町村が発表する避難勧告などに従って早めの避難行動をとるよう呼びかけた。(JNN)




台風12号 異例のルート

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ