被害ない観光地でキャンセル相次ぐ

中国地方の観光地で、西日本豪雨による被害がほぼなかったエリアでも、宿泊やツアーのキャンセルが相次いでいるという。「交通がマヒし、たどり着けない」などのイメージが広がっているとみられる。

好調が続いていたインバウンド(外国人訪日客)誘致にも悪影響が出る恐れがあるため、関係者は「普段通りに観光できます」とPRを強めている。

宮島の桟橋に近い、ある人気旅館では、7月20日までに千人分以上のキャンセルが積み上がったという。総支配人は「交通状況は改善し、厳島神社も全く問題ない。島内はいつもの通りなのに」という。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ