パトカーに追跡されたミニバイクが用水路に転落

7月13日午前2時半ごろ、広島市安佐南区長楽寺1丁目の市道で、県警自動車警ら隊のパトカーに追跡されていたミニバイクの男性がバイクごと用水路に転落。男性はバイクを放置して逃げ、安佐南署が道交法違反(ナンバー隠蔽や信号無視)の疑いで調べている。

同署によると、男性がナンバープレートを折り曲げ、ナンバーが見えないようにして走っていたため、追跡しながら停止を求めた。しかし、信号無視を繰り返して逃げ、ハンドル操作を誤って幅約1メートル、深さ約70センチの用水路に落ちたという。

同隊の森政克之副隊長は「追跡は妥当だった」としている。(中国)


関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ