広島・岡山に集中した西日本豪雨・死者200人に達する

7月12日、西日本豪雨で警察庁は被災地での死者が200人に上ったと発表した。記録的大雨で中国・四国地方を中心に6~7日に土砂災害や河川氾濫が相次ぎ、被害が拡大。犠牲者の半数以上が広島、岡山両県に集中した。依然として多数の安否不明者がおり、死者・不明者が299人に上った昭和52年の長崎大水害以降、最悪の被害となった。

総務省消防庁によると、12日正午時点で計約7千人が避難生活を余儀なくされている。建物倒壊や浸水被害が相次いだ被災地では厳しい暑さの中、警察や自衛隊、消防などが7万人以上の態勢で不明者捜索や救援活動を続けている。

鉄道や高速道路が寸断されるなど、被災直後は各地で交通網がマヒ。中国・四国地方を中心に現在も多くの路線で運休や通行止めが続いており、物流や地域経済に大きな影響が出ている。

安倍晋三首相は激甚災害に指定する考えを表明。被災者向けに公営住宅や公務員宿舎など7万1千戸を確保したと明らかにした。(産経)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ