広島「原爆の日8.6」強制登校決定‼︎平和学習のためなら労基法も排除

広島市立小中学校で教職員の勤務を巡る法令の影響により、昨年の「原爆の日」に登校日を設けられなかった問題で、市教委は7月5日、今年は全小中学校の84.4%が8月6日を登校日とし、平和学習をすると明らかにした。市教委が文部科学省と協議して法令の解釈を変更した上、学校現場で「8.6登校日」の意義を見直す動きが広まった。

全205校のうち173校が8月6日に平和学習すると決めた。内訳は小学校が全142校中132校(93.0%)、中学校が全63校中41号(65.1%)。いずれもテレビで市の平和記念式典を見て黙とうし、被爆者から体験を聴くなどの学習を予定する。

昨年は全小中学校が、8月6日の学校主催の平和学習をやめた。教職員が原爆の日を市役員の「休日」とする市条例の対象となり、市教委が「(校長は)休日に業務を命ずることはできない」とする国の特措法の規定を重視したため。教職員の人事権が昨年度、地方分権の一環で広島県から移ったことが影響した。

市教委は昨年12月、「学校行事」の場合は休日に勤務できるとする特措法の別の定めに着目し、学校全体や学年単位で幅広く平和学習をする場合は「登校は可能」と改めた。今年実施する各学校は特措法に合わせて平和学習を年間のカリキュラムに位置付け、当日は出欠も取るという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 3件

コメントはまだありません
名無し  

8月6日を他府県の人間が忘れても、広島県の人間が忘れたらお終いだわ。
良いと思うよ。平和学習。

2018/08/07 (Tue) 20:59 | 編集 | 返信 |   
かし  

塾があるから休ませろや

2018/07/07 (Sat) 02:04 | 編集 | 返信 |   
名無しさん  

ただでさえ教員は左向きが多いのに、広島ときたらその割合と濃さがねぇ
教員も喜んでるんじゃね?洗脳教育できる場が設けられてるんだから

2018/07/06 (Fri) 17:49 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ