「絶対に競馬に勝てる方法がある」時間差ライブ映像に740万円騙される

6月5日、大竹署は競馬の必勝情報を教えるとかたった特殊詐欺で、大竹市内の60代の建設作業員男性が740万円をだまし取られたと発表した。大竹署によると、男性は5月20日、競馬の予想サイトに住所、名前、電話番号を登録、21日、サイト運営会社員を名乗る男性から「競馬に勝てる」との電話があった。

22日、男と通話しながらライブ映像で地方競馬を観戦。ゴール前に男が着順を言い当て、「絶対に競馬に勝てる方法がある」と会員登録費用を求めた。

男性は6月12日から21日の間に3回、指定口座に計740万円を振り込んだ。

男性は7月1日に指定の馬券を買ったが的中せず、3日に大竹署に相談して発覚した。

同署によると、ライブ映像は実際のレースと時間差があり、男の仲間が競馬場から着順を伝えたとみられる。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ