重信好範三次市議会議員がヤミ金から借金!他人に譲渡するために口座を開設

他人に譲渡する目的で、不正に銀行口座を開設したとして、三次市議会議員が警察に逮捕された。詐欺の疑いで逮捕されたのは、三次市議会議員の重信好範容疑者。警察によると、重信容疑者は17年7月、安芸高田市の金融機関で、他人に譲渡する目的で自分名義の口座を開設し、預金通帳1枚とキャッシュカード1枚をだましとった疑いがもたれている。

17年秋ごろ、警察が情報提供をうけ捜査を進めたところ、県外の金融機関で重信容疑者の通帳とキャッシュカードを使って、第三者が複数回にわたり合わせて数百万円を出し入れしていたという。調べに対して重信容疑者は、「口座を利用するつもりがないのに、口座を開設し通帳やキャッシュカードを受け取った」と、容疑を認めているという。

重信容疑者は、「ヤミ金からお金を借りていて、返済が苦しかった」といった話をしていることから、警察はヤミ金業者に返済猶予などの見返りに通帳やキャッシュカードを譲渡し、それらが業者などに使用されていたとみて調べを進めている。(RCC)




重信好範三次市議会議員


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ