NNSAが新型核兵器の実験に成功

米エネルギー省傘下の核安全保障局(NNSA)が、昨年から今年にかけ、プルトニウムを使い核兵器の性能を調べる新たなタイプの実験に2度成功していた。保有する核兵器の安全性と有効性を確認する目的。核爆発を伴わない点では臨界前核実験と同様だが、核実験場を必要とせず、火薬も使わないなどの特徴がある。NNSA幹部は、「地下核実験や臨界前核実験を行ってきたネバダ核実験場での仕事を補完するものだ」としている。北朝鮮やイランに核放棄を迫る一方で、自国の核戦力を保持する米国の姿勢をあらためて示した。(共同通信)


NNSA核実験
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL